和菓子界の革命児! 全種類食べたいフォトジェニックおはぎ

最新ニュース ルトロン

和菓子界の革命児!  全種類食べたいフォトジェニックおはぎ
和菓子界の革命児! 全種類食べたいフォトジェニックおはぎ 全 1 枚 拡大写真

手作りのおはぎやわらびもち、最中を販売している大阪府豊中市の「森のおはぎ」。上質な素材が持つ風味を生かした和菓子は、食べると心までほっこりと和みます。お店の魅力とおすすめの定番商品をご紹介します。

出来立てが嬉しい! 手作りおはぎをいただきます

阪急宝塚線の岡町駅から徒歩7分の場所にある、「森のおはぎ」。
ここでは北海道産の大納言小豆や京都の深炒りきなこなど、上質な素材にこだわった手作りのお菓子が販売されています。おはぎは注文を受けてから作られるので、出来立てを食べることができるのがうれしいポイント。
店主の森さんは元々メーカーのテキスタイルデザイナーでしたが、「お客様と触れ合える環境の中でモノづくりがしたい」と、自身が大好きなおはぎのお店を立ち上げました。北新地には「森乃お菓子」という姉妹店があり、こちらも人気です。

素材の風味を活かしたおはぎが絶品

日持ちさせるために砂糖を多く使うお店が多い中、「森のおはぎ」ではお砂糖を極力減らし、素材の味を活かせるようなお菓子作りを目指しているため、餡の甘さは控えめ。
お餅は古代米を使用したり、雑穀を混ぜて作ったりと、様々な工夫がされています。雑穀入りのお餅で作られたおはぎは風味が豊かなだけでなく、ぷちぷちとした食感が楽しい仕上がりです。

全て食べたくなる! 種類豊富な商品ラインナップ

おはぎは定番の6種類の味と、季節によって変わる2種類のラインナップです。おはぎの定番商品である「大納言雑穀もち」(130円)は、大粒でなめらかな北海道産の大納言小豆を使用。小粒の小豆をブレンドすることで、餡が風味豊かに仕上げられています。
「深煎きなこ雑穀もち」(130円)は、京都から取り寄せた深炒りのきなこを使用。ひと口食べれば若干のほろ苦さと、大豆の香ばしさが口の中に広がります。他にも「深煎きなこのやわらかわらびもち」(130円)など販売。可愛らしい見た目のお菓子は、手土産にもピッタリです。

季節限定のおはぎも販売されているので、何度も足を運びたくなるおすすめのお店。近くに立ち寄った際には、ぜひ訪れてみてはいかがですか?

スポット情報

スポット名
森のおはぎ
住所
大阪府豊中市中桜塚2-25-10
電話番号
06-6845-1250

《編集部@ルトロン》

特集

この記事の写真

/