世界熱狂の『新感染』パニック場面写真公開!監督も来日決定

韓流・華流 スクープ

『新感染 ファイナル・エクスプレス』(C)2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILM. All Rights Reserved.
『新感染 ファイナル・エクスプレス』(C)2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILM. All Rights Reserved. 全 8 枚 拡大写真
第69回カンヌ国際映画祭で大絶賛を受け、世界156か国から買い付けオファーが殺到、各国で圧倒的な大ヒットを果たした『新感染 ファイナル・エクスプレス』。9月1日(金)からの日本公開を前に、本作でメガホンをとったヨン・サンホ監督の来日が決定。合わせて、迫りくる“感染者”から逃げ惑う場面写真が一挙に解禁となった。

ソウル発プサン行きの高速鉄道KTXの車内で突如起こった感染爆発(パンデミック)。疾走する密室と化した列車の中で、凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死――。そんな列車に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう父と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして高校生の恋人同士…果たして、彼らは無事に終着駅にたどり着くことができるのか!? 目的地まであと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘いがいま、はじまる――。

映画批評サイト「ロッテントマト」では脅威の96%のフレッシュ(好評価)を獲得し、さらにアメリカでのリメイクも決定している本作。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのジェームズ・ガン監督、『パシフィック・リム』のギレルモ・デル・トロ監督をはじめ、世界の名だたる目の肥えた映画関係者も唸りまくり、日本でも『シン・ゴジラ』の樋口真嗣監督や、最上もが、ヒャダインなどからも絶賛、“感染者”が世界に続出中だ。

そんな本作から、8月にヨン・サンホ監督の来日が決定。韓国アニメ界を代表するクリエイターであり、初めて手がけた長編アニメ『豚の王』はカンヌ国際映画祭の監督週間部門に出品され、社会派インディーズ作家として一躍知られるように。本作の前日譚にあたる長編アニメ3作目『ソウル・ステーション/パンデミック』では、格差社会の底辺に生きる人々を主人公に、ソウル駅周辺で発生したウイルス・パンデミックの恐怖を衝撃的なストーリー展開で描き上げ、今秋に日本公開が決定している。実写初挑戦となった本作では、ダイナミックな映像感覚と繊細かつドラマチックな語り口を披露、興行と批評の両面で画期的な成功を収めており、国内外から大きな注目を集めている。

合わせて、一挙に届いた場面写真では、時速300kmで疾走する特急列車内、迫り来る危険や逃げ惑う人々に翻弄され、とにかくパニック!! の極限状況が伝わってくるものばかり。

まず、煙がモクモクと湧き上がる列車を背に身をていし、走りながらでも命がけで娘を守ろうとするコン・ユ演じる主人公ソグの姿と、チョン・ユミ演じる妊娠中の女性・ソンギョン。行き場もない列車内で、沈痛な面持ちで感染者に立ち向かっていく彼女の夫、マ・ドンソク演じるサンファとソグが、どうやら感染者たちに向かって構えている姿も。そして、チームメイトやガールフレンドを守るために必死に戦う高校野球チームのエース・ヨングク役のチェ・ウシクは、片手に野球バットを握り、あ然とした表情…。友だちが感染していくパニックの中で戸惑うアン・ソヒ演じる女子高生、ジニ。さらに、愛する娘をぎゅっと胸に抱き、次々と襲ってくる状況から娘を守ろうとするソグの姿など、大混乱の中、何があっても大切な人を守り抜くために必死になる人々の様子を映し出している。

こうした人間ドラマの充実ぶりから、ノンストップ・サバイバル・スペクタクル・アクションというジャンルにもかかわらず、マスコミ向け試写では号泣する人も続出しているという本作。親子、夫婦や若き恋人たちが絶体絶命の極限状況のもとで手を取り合い、愛する者を捨て身の覚悟で守り抜く姿には、誰もが心打たれること必至。興奮と感動の大傑作に乗り遅れないよう、ご注意を!

『新感染ファイナル・エクスプレス』は9月1日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加