【インタビュー】寛一郎 映画の世界へ踏み出す覚悟  “佐藤浩市の息子”と言われ続けることは「慣れている」

最新ニュース インタビュー

寛一郎『心が叫びたがってるんだ。』/photo:Naoki Kurozu
寛一郎『心が叫びたがってるんだ。』/photo:Naoki Kurozu 全 13 枚 拡大写真
「いい俳優…いい俳優になりたいです」――。己の覚悟を噛みしめるように二度、口にした。映画『心が叫びたがってるんだ。』で出演作が初めて公開を迎える寛一郎、二十歳。

デビュー前から“佐藤浩市の息子”という言葉がニュースの見出しを飾った。今後もその枕詞は付いて回るだろう。そんなことは百も承知で、それでも父と同じ世界に飛び込んだ。強い覚悟と少しの不安を抱えて踏み入れた現場で、彼の心を解き放ったのは、同世代の仲間たちだった。

大ヒットアニメーション『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の制作チームによる劇場版オリジナルアニメーション『心が叫びたがってるんだ。』をアニメと同じ秩父を舞台に実写化した本作。“言葉”で大切な人を傷つけた過去を持つ高校生たちが、地域の交流会でのミュージカル制作を通し、成長していく様を描く。

『心が叫びたがってるんだ。』(C)2017映画「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会 (C)超平和バスターズ
寛一郎さんが演じたのは、かつて野球部のエースだったが、甲子園目前で敗れ、怪我のために投球もままならず、くすぶった思いを抱える大樹。「原作のアニメーションの中でも、大樹は大好きなキャラクターだった」と語る寛一郎さん。物語にも強く心惹かれたという。

「ここで描かれる葛藤や、言いたいことがうまく言えずに…という思いは、僕自身が常日頃から持っているもの。大樹だけでなく、ほかの3人(大樹と共にふれあい交流会の委員を務める拓実、順、菜月)に関しても、気持ちがわかる部分はすごく多かったです。現代の若者が抱える悩みや葛藤が抽出され、描かれていると思います」。

大樹の魅力を「男らしさ」と語るように、大樹はほかの3人と比べても、力強くハッキリと思いを言葉にするタイプ。だからこそ「俺がお前らを甲子園に連れていく!」と口にした仲間への約束を果たせなかったことが、腕の怪我以上の心の傷となっている。

「僕自身、大樹に共感する部分は多いけれど、似ているかと言われると、彼にようには生きていないと思います。どちらかというと拓実の方が近いですかね。フワッと周りに合わせて生きているというか(笑)。ただ、似ていないからこそ、演じやすいところはあったと思います」。

寛一郎『心が叫びたがってるんだ。』/photo:Naoki Kurozu
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 続きを読む

《photo / text:Naoki Kurozu》

特集

この記事の写真

/