【インタビュー】寛一郎 映画の世界へ踏み出す覚悟  “佐藤浩市の息子”と言われ続けることは「慣れている」

最新ニュース インタビュー

寛一郎『心が叫びたがってるんだ。』/photo:Naoki Kurozu
寛一郎『心が叫びたがってるんだ。』/photo:Naoki Kurozu 全 13 枚 拡大写真
現場に入る前に、最も心配していたのは、拓実(中島健人)、順(芳根京子)、菜月(石井杏奈)とどのように関係性を作っていくかという点。「どんなに僕が役について考えても、実際に会ってみないとわからない。どうコミュニケーションをとり、3人にはまっていけるのか?」と不安と共に現場に足を踏み入れたが、杞憂に終わった。

「3人ともすごく優しくて、入っていくのは全然難しくなかったです。一番、難しいところだと思っていたことがすんなりとできて、すごくありがたかったです」。

特に主演として現場を引っ張る中島健人(Sexy Zone)には魅了された。

「とにかく素晴らしいなって思いました。根っからのエンターテイナーでみんなを笑わせたり、常に楽しませようとするし、キャスト、スタッフに対して誰にでも分け隔てなく話しかけてくれるんです」。

『心が叫びたがってるんだ。』(C)2017映画「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会 (C)超平和バスターズ
そして、撮影が始まると不思議なほど冷静に、過度に緊張することなく、演技に臨めたという。

「リハーサルだったり、こうやって取材を受けたりしているときの方がずっと緊張しますね(苦笑)。でも、現場ではあまり緊張はしなかったです。決して、役に入り込んで…っていうわけではないんですけど」。

できあがった映画をスクリーンで観たときの感想を問うと「こんなもんか…くらいの感じでした」とそっけなく語りつつ「もちろん、大樹は僕ですし、僕の顔なんですけど、不思議と見慣れた顔って感覚ではなかったですね」とも。

『心が叫びたがってるんだ。』(C)2017映画「心が叫びたがってるんだ。」製作委員会 (C)超平和バスターズ
  1. «
  2. 1
  3. 2
  4. 3
  5. 続きを読む

《photo / text:Naoki Kurozu》

特集

この記事の写真

/