フラメンコの女王にして異端児を追う『パッション・フラメンコ』ほか注目ドキュメンタリー続々

映画 洋画ニュース

『パッション・フラメンコ』 (C)2016 NADIE ES PERFECTO BLINDSPOT
『パッション・フラメンコ』 (C)2016 NADIE ES PERFECTO BLINDSPOT 全 22 枚 拡大写真
現代最高峰のフラメンコダンサーであり、異端児とも呼ばれるサラ・バラスを追った情熱のドキュメンタリー映画『パッション・フラメンコ』が8月19日(土)に公開される。この夏、ダンス&バレエ映画が続々と公開される中、本作の海外ポスターと未解禁写真がシネマカフェに到着した。

フラメンコ界を牽引する現代最高のフラメンコダンサー、サラ・バラス。フラメンコでストーリーを語る革新的な舞台と、古くからのルールを打ち破る姿勢が絶賛され、若くして世界中にその名が知れ渡った。本作では、フラメンコ界の巨匠、パコ・デ・ルシアやアントニオ・ガデス、エンリケ・モレンテ、カルメン・アマジャなど6人のマエストロに掲げる新作公演「ボセス フラメンコ組曲」の初演までの3週間と世界ツアーに密着。熱狂の嵐を巻き起こしたツアーで、パリ、ニューヨーク、メキシコ、東京を公演で旅する中、フラメンコダンサーとして、母として、女性として生きる彼女の横顔も描き出す。

また、本作以外にも、この夏は注目のドキュメンタリーが目白押し。『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』(公開中)では、バレエ界きっての異端児といわれるダンサー、セルゲイ・ポルーニンを追う。

ウクライナ出身で、19歳で英ロイヤル・バレエ団の史上最年少プリンシパルとなるも、その2年後、人気のピークで電撃退団。スターダムから自滅の淵へ――。さまざまなうわさが飛び交う中、彼が再び注目を集めたのは、グラミー賞にもノミネートされたホージアのヒット曲「Take Me To Church」のMVだった。写真家デヴィッド・ラシャペルが監督し、ポルーニンが踊ったこのビデオはYouTubeで2,000万回以上再生され、ポルーニンを知らなかった人々をも熱狂の渦に巻き込んだ。本人や家族、関係者のインタビューから見えてくる、彼の本当の姿とは…?

さらに、『パリ・オペラ座 夢を継ぐ者たち』(7月22日公開)は、世界最高峰のバレエ団として名高いパリ・オペラ座バレエ団の舞台裏に迫ったドキュメンタリー。古今東西、バレエダンサーが憧れる“パリ・オペラ座”が、最高峰であり続ける秘密とは? 現在のオペラ座バレエ団の隆盛の礎を築いたともいわれる伝説のダンサー、ルドルフ・ヌレエフの教えを次の世代に引き継ぐため指導に情熱を注ぐアニエス・ルテステュ。人気絶頂のエトワールのマチュー・ガニオ、人気エトワール、アマンディーヌ・アルビッソン、日系として初のエトワール就任が期待されるプルミエール・ダンスーズのオニール八菜。そして、先日引退を発表した“ロシアの至宝”ウリヤーナ・ロパートキナといった人気ダンサーたちの、普段は見ることができない練習の様子を捉えている。

『パッション・フラメンコ』は8月19日(土)よりBunkamura ル・シネマほか全国にて順次公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/