”唐揚げ大好き”浜辺美波「朝起きて5秒でいけます!」発言におじさんたちもキュン

最新ニュース レポート

浜辺美波/『君の膵臓をたべたい』サラリーマン限定試写会
浜辺美波/『君の膵臓をたべたい』サラリーマン限定試写会 全 10 枚 拡大写真
映画『君の膵臓をたべたい』の異例のサラリーマン限定試写会が7月24日(月)に開催され、主演の浜辺美波、北村匠海が舞台挨拶に登壇。サラリーマンのおじさんたちと10代の人気俳優という異色の組み合わせのイベントとなったが、映画は好評で大きな盛り上がりを見せた。

累計200万部突破の住野よるのベストセラーを映画化。膵臓の病に侵されたクラスの人気者の少女と、彼女の病気を家族以外で唯一知る、地味なクラスメイトの交流を描く。

通常、10代、20代の女性が招待されることが多い映画の試写会。特に本作は高校生2人が中心の物語とあって、客席に白いシャツのサラリーマンがずらりと並ぶ光景は圧巻! しかし映画の方はオジサンたちの心にもしっかり沁みたようで、涙するサラリーマンの姿も見られた。

大きな拍手で迎えられた浜辺さんと北村さんも、普段、壇上から見る眺めとはだいぶ異なる客席の様子に驚いたよう。北村さんは「こっちから見る景色がこんなに白一色なのは初めて(笑)。新鮮な気持ちでここに立っています。楽しいイベントになりそうです」と笑顔を見せた。

サラリーマンのみなさんに感想を問うと「娘に『行った方がいい』と言われて半ば、渋々来ましたが、エンディングで涙腺が大崩壊した」「斜めから見てたんですが、最後の30分でやはり涙腺が崩壊した。この歳になってこんなに涙している自分にびっくりしています」といった感想が!

浜辺さんは、こうした感想に「温かい言葉をいただき励みになります。大人の男性にそう言っていただくと、温かく胸に響きます」と感激した様子。浜辺さんの声や演技を称賛する声には北村さんも「僕も魅了された一人です!」と同調し、オジサンたちから喝采を浴びていた。

この日は、プレゼンテーションを得意とする異色の覆面プロレスラー、スーパー・ササダンゴ・マシンも来場し、本作の魅力を熱くそしてわかりやすくプレゼン! その中で、主演の2人についても、しっかりと事前にリサーチを行なっていたようで浜辺さんのどうしてもやめられないクセとして「家の絨毯の毛玉を取ること」、北村さんのクセとして「脱いだ靴の匂いをかぐこと」、さらに2人の共通点として「唐揚げが大好きであること」などを暴露。

唐揚げ好きについて浜辺さんは「朝起きて5秒で唐揚げがいける」、北村さんは「キャンペーン中も2人で各地のから揚げを食べてました」と告白。会場に足を運んだおじさんたちももちろん(?)、唐揚げが大好き。やはりここでも『キミスイ』とオジサンたちの親和性の高さが示されることに…?

スーパー・ササダンゴ・マシンは本作について「ストレス社会で生きる私たちのデトックスに最適」と断言。目から出ていたのは「涙ではなく毒です!」と語り、これには北村さんも含め、会場は爆笑に包まれていた。

『君の膵臓をたべたい』は7月28日(金)より公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/