【予告編】山田裕貴、最凶の純愛に苦悩…刺青姿も公開『闇金ドッグス6』

映画 邦画ニュース

『闇金ドッグス6』 (C)2017「闇金ドッグス6&7」製作委員会
『闇金ドッグス6』 (C)2017「闇金ドッグス6&7」製作委員会 全 22 枚 拡大写真
山田裕貴と青木玄徳のコンビで、容赦のない裏社会を描く人気シリーズの最新作『闇金ドッグス6』。このほど、シリーズ初のラブストーリーともなる本作から、予告編とポスタービジュアルが解禁、その愛をとらえたシーンや山田さんの衝撃的な刺青姿を含む場面写真も一挙に公開された。

ラストファイナンスの社長・安藤忠臣(山田裕貴)。若くしてヤクザの親分になったものの、稼業を引退して、闇金の世界へ足を踏み入れた。元イケメンホストだった須藤司(青木玄徳)と共に、クセのある債務者を追い込む毎日。その日、忠臣は債権ブローカーから焦げ付いた債権を安く買い取り、債務者からさらに搾り取る。それは最悪のカードだった。債務者の名前は、伊良部慎太郎(シソンヌ・長谷川忍)。その価格は400万。忠臣の計算では、まだ1,000万は引っ張れると踏んでいた。しかし、忠臣のもとに訪れたのは、10年以上前まだ幼きころに別れた恋人・未奈美(西原亜希)。いまは結婚して伊良部となった荒木は、借金を背負った夫が行方不明となり、手がかりを探しにラストファイナンスにたどり着いたのだった――。

『闇金ドッグス』パート1・2・4に続いて、本作で主演を務めるのは山田さん。大河ドラマ「おんな城主 直虎」からフジテレビ系「僕たちがやりました」、映画『闇金ウシジマくんPart3』などに出演し、今後、『HiGH&LOW THE MOVIE』シリーズ、『二度めの夏、二度と会えない君』『亜人』『あゝ、荒野』など話題作ばかりが控える中、安藤忠臣として帰ってくる。

共演には、特撮ドラマ「仮面ライダー鎧武/ガイム」で注目を集めて以降も、舞台「瞑るおおかみ黒き鴨」(主演)や「パタリロ!」「里見八犬伝」などで観客を魅了し続ける青木玄徳。最近では、主演映画『くわらんか』ほか、『Bros.マックスマン』『探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る』などに出演し、抜群の存在感を示している。

公開された予告編では、お馴染みの“取り立て”シーンのみならず、かつて断ち切ったはずの最愛の女性、西原亜希演じる未奈美との再会が描かれる。艶っぽい未奈美と2人きりのシーンでは、山田さん演じる安藤は上半身裸で、その背中一面には刺青姿が…。「10年以上、まったく別の世界で生きていた」という未奈美の言葉とともに、強烈な印象的を放っている。



『闇金ドッグス6』は8月5日(土)より、『闇金ドッグス7』は9月2日(土)よりシネマート新宿ほかにて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加