“新人俳優”スガシカオ、星野源&石田ゆり子らから褒められ大照れ

最新ニュース レポート

WOWOW「連続ドラマW プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウス~」の第1話完成試写会
WOWOW「連続ドラマW プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウス~」の第1話完成試写会 全 9 枚 拡大写真
WOWOW「連続ドラマW プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウス~」の第1話完成試写会が7月31日(月)都内で行われ、主演の星野源、共演の石田ゆり子、仲里依紗、眞島秀和、中村ゆり、スガシカオ、吉田康弘監督が出席。本作で俳優デビューしたスガさんは「本編のDVDをもらいましたが、僕は怖くてまだ見れていません」と畑違いの仕事に戦々恐々としながらも「僕も皆さんと一緒に緊張しながら放送を見たいと思います」と笑わせた。

スガさんは「初めて俳優というものをやらせてもらって、右も左もわからず始まったけれど、百戦錬磨の先輩方に教えてもらいました。(星野)源ちゃんにはセリフの覚え方を、(石田)ゆり子さんには振り向き方を教えてもらいました」と新人の気持ちで現場に臨んだようで、石田さんから「スガさんが役として横にいるときに『カメラの位置で芝居は変えた方がいいですか?』とか『カメラの数で芝居を変えた方がいいですか?』と聞かれた」などと生真面目ぶりを暴露されると、スガさんは耳を塞ぎながら「すいません質問ばかりで…」と赤面していた。

新人俳優スガいじりは止まらず、中村さんが見どころについて「俳優デビュー作ですから見逃せません」と強調すると、石田さんや星野さんも矢継ぎ早に「スガさんが初めて芝居をしています。それが素敵」(石田さん)、「5話のスガさんが素晴らしいです」(星野さん)とニヤリ。大照れのスガさんは星野さんに対して「凄い脱いでいますから! 源ちゃんの裸は初めて見た!」と逆襲しようとするも、星野さんは「役者としてはよく脱がされます」と涼しい顔だった。

同作は、誉田哲也氏の原作を連続ドラマ化。思わぬことで前科者となり、恋も仕事も住む家も失った吉村(星野)が、様々な過去を背負った厄介者たちが集うシェアハウスで生活する姿を描く。

WOWOW「連続ドラマW プラージュ ~訳ありばかりのシェアハウス~」は、8月12日(土)22時より放送。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/