【予告編】D・フィンチャーが描くプロファイリングの起源「マインドハンター」配信へ

海外ドラマ スクープ

Netflix オリジナルドラマ「マインドハンター」
Netflix オリジナルドラマ「マインドハンター」 全 2 枚 拡大写真
「ハウス・オブ・カード 野望の階段」でドラマ界に一大センセーションを巻き起こした鬼才デヴィッド・フィンチャーが手がける、Netflixオリジナルドラマの最新作「マインドハンター」。本作の配信日が10月13日(金)に決定し、合わせて予告編と場面写真が公開された。

本作は、FBI連続殺人課に所属し、連続殺人鬼や強姦犯などを追う中で犯罪者プロファイリング手法を編み出した、ある捜査官の姿を描いた戦慄のスリラードラマ。拘留された連続殺人鬼を取り調べていくことになった2人のFBI捜査官は、この取り調べにより、未解決事件の謎と背景を紐解いていくことになる。

これまで、『セブン』『ゾディアック』『ドラゴン・タトゥーの女』『ゴーン・ガール』など、ショッキングな連続殺人犯や猟奇的スリラー作品を数々手がけ、目の肥えた映画ファンを唸らせてきたフィンチャー監督らしい1本。元FBI特別捜査官ジョン・ダグラスによる同名の回顧録が原作となる。

このたび、解禁された場面写真と予告編では、独特の映像美とともに緊張感あふれるショッキングなシーンが連続。「シリアルキラー」という“新しい用語”が登場し、予告映像の最後は「狂気を知らずに狂人に勝てるか?」という意味深なセリフが…。観る者の心理を揺さぶり、不穏な世界へと引き込む、これぞ“フィンチャー節”ともいえるドラマに仕上がっている様子だ。


気になるキャストには、「glee/グリー」のジェシー役や『アナと雪の女王』のクリストフの声、大ヒットミュージカル「ハミルトン」出演などで知られるジョナサン・グロフと、『ファイトクラブ』や『ハドソン川の奇跡』などのホルト・マッキャラニーがFBI捜査官を演じ、「FRINGE/フリンジ」のアナ・トーヴらが出演。製作総指揮には、フィンチャー監督とともに女優のシャーリーズ・セロンも共同で名を連ねている。

「マインドハンター」は10月13日(金)よりNetflixにて全世界同時配信。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加