岸部一徳&加瀬亮ら映画制作プロジェクト作に出演!ヒロインはワークショップで選出

映画 邦画ニュース

『鈴木家の嘘』(仮)
『鈴木家の嘘』(仮) 全 2 枚 拡大写真
『恋人たち』『滝を見にいく』など独創的な傑作を生み出してきた、松竹ブロードキャスティングのオリジナル映画製作プロジェクト第6弾として、『鈴木家の嘘』(仮)の製作が決定。岸部一徳、原日出子、加瀬亮、岸本加世子が出演するほか、ヒロインをオーディションを兼ねたワークショップにて募集することになった。

松竹ブロードキャスティングのオリジナル映画プロジェクトは、“作家主義”“俳優発掘”をテーマに、7人のおばあちゃんたちが山で迷子になる『滝を見にいく』(’14/沖田修一監督)、毎日映画コンクールなど各賞で絶賛を受けた『恋人たち』(’15/橋口亮輔監督)、屋久島を舞台にした『東京ウィンドオーケストラ』(’16/坂下雄一郎監督)などを生み出してきた。

その第6弾となる『鈴木家の嘘』(仮)は、橋口監督や『舟を編む』石井裕也監督、『セトウツミ』大森立嗣監督ら、数多くの作品で助監督を務めてきた野尻克己の満を持しての劇場映画監督デビュー作。引きこもりの長男の突然の死に直面した鈴木家の混乱と再生を、笑いと涙で綴った野尻監督自身によるオリジナル脚本となる。

鈴木家の家長である父役に岸部さん、母役に原さん、長男役に加瀬さん、叔母役に岸本さんと、いずれも日本映画界を代表する演技派たちが集結。さらに、この豪華キャストに加え、本作のヒロインとなる鈴木家の長女・富美役(18~25歳の女性)と、鈴木家にまつわるさまざまな登場人物(10~70代の男女)を選出すべく、オーディションを兼ねた俳優ワークショップを開催。プロダクション所属、俳優未経験の新人など、経験の有無は問わないという。

映画ファンに愛された珠玉作を生み出してきた本プロジェクト。今回、誰がヒロインとして選ばれるのか、注目していて。

『鈴木家の嘘』(仮)は2018年公開予定。

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/