広瀬すずの“モテ力”とは? 「ar」9月号に永野芽郁&馬場ふみかが初登場

最新ニュース スクープ

広瀬すず 「ar」9月号
広瀬すず 「ar」9月号 全 9 枚 拡大写真
まもなく公開となる岩井俊二原作、大根仁脚本による劇場アニメーション映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』に出演することで話題の女優・広瀬すずが、雑誌「ar」9月号の表紙に登場! 今号は年に1回の「ひとりモテ」号。キラッキラの存在感で老若男女問わず全方位モテの代表の広瀬さんのモテ細胞を解剖したインタビューが掲載されるほか、いま注目の女優・永野芽郁と馬場ふみかが「ar」初登場を果たす。

「ミスセブンティーン2012」を受賞し芸能界デビューを果たした広瀬さんは、綾瀬はるからと主演を務めた『海街diary』を始め、『ちはやふる』シリーズ、『四月は君の嘘』『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』など出演作は次々と話題となり、今後も『先生! 、、、好きになってもいいですか?』『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』と公開作が控えるいま最も注目の若手女優だ。

そんな広瀬さんが考える“モテ”とは――? 「私が思うモテる人は、女性としてカッコいい部分と可愛いらしい部分を両方持っている人。映画でご一緒した綾瀬はるかさんとか長澤まさみさん、夏帆さんがそうで、年下の私から見ても『可愛い』ってキュンとする部分があったりするんです」。また会いたいと思わせる人が理想のモテ像だと語る広瀬さん。そして、「私はネガティブな方だと思うけれど、どれだけパンチされても倒れることはないと思います。そこは自信があるんです」とも語っており、愛くるしい見た目からは想像もできないような芯の強さ、何があってもめげない強靭なハートが、人々を虜にする彼女のモテポイントのようだ。

今回「すずMOTE白書」には、広瀬さんの“モテ細胞”を解剖したインタビューがたっぷり8ページに渡って掲載。様々な衣装に身を包んだ広瀬さんの写真と共に、彼女の魅力がふんだんに盛り込まれている。

さらに今回「ar」に初登場するのが、来春の朝ドラヒロインに抜擢された永野さん。また『ピーチガール』や現在放送中の「僕たちがやりました」などドラマに映画に引っ張りだことなっている彼女の、ズルすぎるくらいの可愛さを3つのメイクで表現。また同じく月9「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」に出演する女優、馬場さんが初登場。今年大旋風を巻き起こしている“ハイネック”アイテムで、絶妙なシルエットがエロいファッションページに登場する。

そのほか、メインの「ひとりモテ魂のつくり方」特集ページでは、SNSで人気のDJあおいとカツセマサヒコに 「いい女の条件」や「モテテク」をリサーチ。また、夫に愛されてやまない新婚2人菅原沙樹×垣内彩未の対談が実現。そして、レギュラーモデル・堀未央奈(「乃木坂46」)は、ファンの間で“食べている姿が超絶カワイイ”と話題になってることを受け、「食べている姿×ファッション」のコラボ企画が完成。1週間+スペシャルデーの計8日間のヘアアレンジに挑戦している。

「ar」9月号は8月10日(木)より発売。

《cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/