成田凌、“シングルマザー”紗羅マリーとの関係は…?『ニワトリ★スター』新写真

映画 邦画ニュース

『ニワトリ★スター』(C)Gentle Underground Monkey
『ニワトリ★スター』(C)Gentle Underground Monkey 全 12 枚 拡大写真
成田凌がドラマ「コード・ブルー」の自信なさげな研修医役とは一転、赤髪モヒカン姿を披露していることでも話題の井浦新・主演映画『ニワトリ★スター』。本日8月11日よりクラウドファンディングがスタートすることに合わせ、登場人物たちの様子が伝わる新たな場面写真が公開。さらに井浦さん&成田さんより、クラウドファンディングに向けた動画メッセージも到着した。

本作は、主人公のくたびれた大麻の売人・草太役を井浦さん、全身タトゥーの赤髪モヒカン色欲狂いの若者・楽人役を成田さんが演じ、映画初出演&初ヒロインとなるモデルの紗羅マリーがDVを受けるシャブ中毒のシングルマザー・月海という、全員が新境地に挑むバイオレンスラブファンタジー。東京の片隅にある“ギザギザアパート”で自堕落な共同生活を送る草太と楽人の秘密は、大麻の密売で生活していること。目標もなく中途半端に生きてきた2人は、次第に予測不能な事態に巻き込まれていく。オープニングの衝撃と観賞後の感動が、かつてない感覚を刺激する異色の日本映画が誕生した。

このたび、そんな本作から5枚の新場面写真が初公開に。東京の片隅にある奇妙な“ギザギザアパート”で共同生活を送る草太(井浦さん)と楽人(成田さん)の自堕落な様子や、気を許した大きな笑顔を見せるシングルマザーの月海(紗羅さん)と楽人との2ショット。草太と大阪でお好み焼き屋を営む父(奥田瑛二)、“爬虫類型”ヤクザの八田(津田寛治)と、その部下の爬部井(阿部亮平)のまがまがしい2ショット。そして、いったい何があったのか、号泣する草太のショットと、気になる写真ばかり。追加キャストとして、山田スミ子、海原はるか・かなた(漫才師)らも決定している。

また、本作のクラウドファンディングもスタート。開始時から、プロジェクト制作側の応援者からのコメントが180名を超えているのは異例で、日本のクラウドファンディング史上最多とか。主演の井浦さんを始め、成田さん、LiLiCo、津田寛治、阿部亮平、かなた狼監督たちも応援を呼びかけており、井浦さん&成田さんからは特別メッセージ動画が到着。




本作の製作会社Gentle Underground Monkeysでは、「設定の金額は100万円、従来の映画プロジェクトの規模としてはかなり少額にも関わらず、リターンをご覧頂ければ分かる通り、内容をかなり充実させております」とコメント。「映画公開日を1つのイベントの開催日として感じていただけるよう、クラウドファンディングの持つ、応援者との一体感をムーブメントにしていきたいと思っています。映画は見る前から楽しむことができる。そして、公開日が最大のお祭りである。“一体感を生む”これが、クラウドファンディングのもう1つの重要な要素であると思っています」と、本プロジェクトへの思いを寄せている。

金額に応じて、劇場前売券やメイキング映像DVDから、本編映画エンドロールでの名前クレジット、完成披露試写会時のキャストを交えた集合写真撮影参加、サイン入り台本をキャストから直接手渡しなどの豪華なリターンがつく。

『ニワトリ★スター』は2018年3月よりヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田、シネマート心斎橋ほか全国にて順次公開。

クラウドファンディングプロジェクトページ
http://camp-fire.jp/projects/view/37013
}}} 

《text:cinemacafe.net》

特集

この記事の写真

/