【シネマVOYAGE】ブランコ&干し草のベッド…“いつかやってみたい”妄想が膨らむスイスの旅へ

最新ニュース コラム

『ハイジ アルプスの物語』(C)2015 Zodiac Pictures Ltd / Claussen+Putz Filmproduktion GmbH / Studiocanal Film GmbH
『ハイジ アルプスの物語』(C)2015 Zodiac Pictures Ltd / Claussen+Putz Filmproduktion GmbH / Studiocanal Film GmbH 全 7 枚 拡大写真
子どもの頃に観たアニメーションには、“いつかやってみたい”ことがたくさん詰まっていました。たとえば再放送で観ていた「アルプスの少女ハイジ」、ふっかふかの干し草のベッドで飛び跳ねてみたかったし、黒パンとチーズはシンプルなのにとても美味しそうだったし、子ヤギのユキちゃんもかわいかった。オープニングでハイジが気持ち良さそうに乗っているブランコにも憧れました。

■21世紀版のハイジ――名シーンにも注目



『ハイジ アルプスの物語』(C)2015 Zodiac Pictures Ltd / Claussen+Putz Filmproduktion GmbH / Studiocanal Film GmbH
「アルプスの少女ハイジ」の原作は、スイスの作家ヨハンナ・シュピリの書いた同名児童文学。日本をふくめ60もの言語に翻訳されているそうです。これまでにもシャーリー・テンプルがハイジを演じたハリウッド版をはじめ、本国スイス版、数多くの実写版が作られてきました。今回ピックアップした映画『ハイジ アルプスの物語』は、ハイジを生んだスイスで作られた21世紀版です。ハイジを演じる子役もめちゃくちゃ可愛い! 演じるのはスイス、グラウビュンデン州クール生まれのアヌーク・シュテフェン。500人の候補者のなかから選ばれ、この映画で俳優デビューを飾っています。ハイジのおじいさん、アルムおんじを演じるのはブルーノ・ガンツ! まさにハイジとアルムおんじ! と感動するほどぴったりです。

『ハイジ アルプスの物語』(C)2015 Zodiac Pictures Ltd / Claussen+Putz Filmproduktion GmbH / Studiocanal Film GmbH
彼らが暮らすアルプスも、もちろん美しく──21世紀版のハイジではありますが、目指したのは“ハイジの原点に還った映画”。19世紀のスイスとフランクフルトを再現したロケーション撮影によって、観る者はハイジの世界へタイムスリップしたような感覚になるはずです。干し草のベッドや黒パンとチーズ、ハイジと言えば…の名シーンもしっかり入っています。

■実際に行ってみる? アルプス旅行へ



『ハイジ アルプスの物語』(C)2015 Zodiac Pictures Ltd / Claussen+Putz Filmproduktion GmbH / Studiocanal Film GmbH
そして、この目でハイジの暮らしていたアルプスを見てみたいなぁと、すっかり旅ごころをくすぐられました。調べてみると──ハイジの舞台と言われているのは、スイスのマインフェルトという村。そこにはハイジの家を再現したハイジハウス、ヤギの水飲み場、ハイジの泉、ハイジの道など、物語の世界を再現した観光スポットがあり、ハイジツアーもあるようです。また、マインフェルト村の周辺はブドウが広がるワインの産地。ハイジの世界を満喫したあとにワイナリー巡りができたら最高ですよね。さらにスイスと言えばチョコレート! チーズ工場とチョコレート工場を訪ねる列車の旅“チョコレート・トレイン”も追加して…と、旅のプランは膨らむばかりです。(text:Rie Shintani)

『ハイジ アルプスの物語』(C)2015 Zodiac Pictures Ltd / Claussen+Putz Filmproduktion GmbH / Studiocanal Film GmbH

《text:Rie Shintani》

この記事の写真

/

特集

友だち追加