イ・ビョンホンが極悪に染まる…カン・ドンウォン&キム・ウビン共演『MASTER』最新予告

韓流・華流 スクープ

『MASTER/マスター』(C)2016CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA.ALLRIGHTS RESERVED
『MASTER/マスター』(C)2016CJ E&M CORPORATION, ZIP CINEMA.ALLRIGHTS RESERVED 全 4 枚 拡大写真
イ・ビョンホンが韓国犯罪史上、最大の金融投資詐欺事件の“犯罪者”に扮するクライムアクション『MASTER/マスター』。このほど、待望の本予告と日本版ポスター、場面写真が公開された。

主演に、『マグニフィセント・セブン』をはじめハリウッド映画でも縦横無尽に活躍する国際派俳優イ・ビョンホンを迎え、相手役には『隠された時間』『華麗なるリベンジ』のカン・ドンウォン、さらに『二十歳』などで人気を博し、現在はがん闘病中が伝えられている若手俳優キム・ウビンと、日本でも人気の韓国3大スターが競演する本作。監督は、『監視者たち』で評価を集めたチョ・ウィソクが務めている。

解禁となった最新予告では、悪の権化と化すイ・ビョンホン、正義に生きるカン・ドンウォンに、善悪の狭間に生きるキム・ウビンの3人の“マスター”が凄まじいオーラで大激突。一歩も譲れぬプライドに突き動かされた男たちの絶対悪VS正義のチェイスバトルは、韓国・ソウルからフィリピン・マニラへと海を越えてエスカレート。騙し合いの果てには、いったいどんな結末が待ち受けているのか…!?


韓国中を震撼させた金融投資詐欺事件「チョ・ヒパル詐欺事件」を基を初めて映像化した本作で、イ・ビョンホンは『グッド・バイ・ウィアード』(’08)以来、8年ぶりの悪役に挑戦! ヘアスタイルや服装の細部に至るまで、ウラとオモテのある詐欺師・投資会社チン会長の二面性を見事に表現し、極悪ぶりを見せている。また、この3人は今回が初共演。カン・ドンウォンは刑事役に初挑戦し、キム・ウビン演じる天才ハッカーでチン会長の元部下を仲間に引き入れ、チンを執念深く追っていく役柄に挑む。

さらに、圧倒的スケールのフィリピンロケも、韓国映画史上初。実際の警官と警察車両も多数登場するダイナミックなアクションシーンは見逃せない。

あわせて解禁となった場面写真は、ワン・ネットワークのチン・ヒョンピル会長(イ・ビョンホン)と知能犯罪捜査班に所属するエリート刑事のキム・ジェミョン(カン・ドンウォン)が対峙するシーン! 日本版ポスターは、不敵な笑みを浮かべるビョンホンに「極悪に染まる。」とのコピーが入り、彼の悪役ぶりと3大スターの激突を予感させるものに仕上がっている。

『MASTER/マスター』は11月10日(金)よりTOHOシネマズ 新宿ほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集