チャン・グンソクを独り占め!「テバク」劇場版、VRで未公開メッセージも

韓流・華流 スクープ

「テバク ~運命の瞬間(とき)~」
「テバク ~運命の瞬間(とき)~」 全 2 枚 拡大写真
チャン・グンソク主演新作「テバク ~運命の瞬間(とき)~」のDVD&Blu-ray BOXI~IIIが好評リリース中。この度、これを記念して『劇場版 テバク ~運命の瞬間~』の上映会が9月16日(土)より開催されることが決定した。

1693年、賭博好きの夫マングム(イ・ムンシク)の妻ボクスン(ユン・ジンソ)は、策略により第19代王、粛宗(チェ・ミンス)の側室にさせられ、男児を出産する。しかし月足らずで生まれたその子は出生を疑われ、ボクスンはわが子は死んだと偽り、マングムに託す。マングムに育てられた子はケットン(のちのテギル/チャン・グンソク)と名付けられ、明晰な頭脳で博徒として天性の才能を見せるようになっていた。一方、ボクスンの第2子、ヨニン君(ヨ・ジング)は、身の不遇を嘆き、酒や賭け事に溺れ空しく日々を過ごしていた。そんなとき、テギルの父マングムが無念の死を遂げ、父の復讐を誓ったテギルはやがて自らの出生の真実を知る。そして、陰謀を企むイ・インジャ(チョン・グァンリョル)の娘として育てられ、王命を狙うべく刺客となったタムソ(イム・ジヨン)と出会う…。それぞれの運命に翻弄され、錯そうする男たちの勝負は? そして愛の行方は――?

本作は、2016年SBS演技大賞 長編ドラマ部門 優秀演技賞(チャン・グンソク)、優秀演技賞(ヨ・ジング)、10大スター賞(チャン・グンソク)受賞した人気作品。グンソクファンのみならず、多くの時代劇ファンを虜にした、史実とフィクションが絡みあう歴史エンターテインメントだ。

「美男<イケメン>ですね」「キレイな男」などに出演し、本作では主演を務めるチャン・グンソクが演じるのはテギル。ヨ・ジングと子役出身同士の見事な演技合戦を展開し、本格的なアクションに加え、王子として生まれながら数奇な運命を辿り、底辺から這い上がる男になりきった。また、テギルの弟であるヨニン君(のちの英祖)を演じたヨ・ジングは、同じく王子でありながらも自身の不遇に葛藤しながらも野心も持ち合わせるという難しい役柄を、細やかな感情表現で披露。テギルとヨニン君の“ブロマンス”や、2人の王子と女性刺客との切ないラブロマンスと見どころ満載だ。

そして今回、本作の劇場版として再編集された本編を大型スクリーンで楽しめる上映会が開催。また、会場の併設ブースでは、VRによるチャン・グンソクの未公開メッセージを360度至近距離に彼がいるかのごとく楽しめるコーナーも設置。さらに、場内では衣装展示、日替わりのグッズプレゼントも用意。各劇場1週間ずつで開催となっており、近くの劇場の開催日を確認してみて。

『劇場版 テバク~運命の瞬間(とき)~』上映会は9月16日(土)~イオンシネマ 港北NT(神奈川)、幕張新都心(千葉)、板橋(東京)ほかにて開催。

「テバク ~運命の瞬間(とき)~」Blu-ray・DVDBOX I~IIIは発売中、レンタル DVD Vol.1~Vol.15はリリース中。

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集