蜷川実花の極彩色の世界観が六本木を染める! 「六本木アートナイト 2017」開催

最新ニュース スクープ

六本木アートナイト 2017メインビジュアル Photo by Mika Ninagawa
六本木アートナイト 2017メインビジュアル Photo by Mika Ninagawa 全 7 枚 拡大写真
六本木の街を舞台にした一夜限りのアートの饗宴「六本木アートナイト 2017」が9月30日(土)~10月1日(日)の2日間開催される。

六本木アートナイトとは?



生活の中でアートを楽しむ新しいライフスタイルを提案する「六本木アートナイト」は六本木ヒルズ、東京ミッドタウン、国立新美術館をはじめとする六本木の街の様々な場所に、アート作品のみならず、デザイン、音楽、映像、パフォーマンスなどを含む多様な作品を点在させ、街中で非日常的な体験を作り出していく。

本イベントは2009年より始まり今回で8回目。昨年の延べ鑑賞者数は63万人にのぼった。

今回のテーマは「未来ノマツリ」



今回のテーマは「未来ノマツリ」。六本木アートナイト実行委員長・南條史生氏は(森美術館 館長)、「美術館の中ではなく六本木の街で行うアートイベントとして、大勢の人が楽しむことができる“祭”のようなイベントにしたいという意味が込められています。」と話す。

ここ数年、各地で開かれる音楽フェスティバルやアートフェアも広く“祭”と位置付けられ、ひとつのコミュニケーション・プラットフォームとなっている。

蜷川実花の世界観が六本木に展開!



六本木ヒルズ アリーナイメージ_蜷川実花《Tokyo Followers 1(仮)》


今回、メインプログラム・アーティストには写真家・映画監督として幅広く活躍する蜷川実花氏を迎え、この瞬間にしか見ることのできない美しく妖艶な世界が披露される。

また、今回初の試みとなる「東南アジア・プロジェクト」では、東南アジアのアーティストが“祭”をテーマに地域のコミュニティメンバーと共同した作品を発表するなど、国内外で活躍する気鋭のアーティストが集結する点も注目だ。

人々が集い非日常的な体験を共有することができるスペシャルな2日間、ぜひ六本木の街へ繰り出してみたい。

■「六本木アートナイト 2017」概要
日時:9月30日(土)10:00~10月1日(日)18:00
<コアタイム>9月30日(土)17:27(日没)~10月1日(日)5:36(日の出)
※コアタイムはメインとなるインスタレーションやイベントが集積する時間帯
場所:六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、六本木商店街、そのほか六本木地区の協力施設や公共スペース
入場料:無料(但し、一部のプログラム及び美術館企画展は有料)
南條史生×蜷川実花トークイベント:9月30日(土)21時~、参加無料



《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加