イ・ビョンホン、豪州でサスペンスに挑む!『エターナル』2018年新春公開

韓流・華流 スクープ

『エターナル』 (C)2017 WARNER BROS PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED
『エターナル』 (C)2017 WARNER BROS PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED 全 3 枚 拡大写真
『MASTER/マスター』の公開に合わせ、来日&舞台挨拶ジャックを実施するイ・ビョンホンの主演最新作『シングルライダー』(原題)が、邦題『エターナル』として2018年新春に全国公開されることが決定した。

韓国の証券会社で支店長を務めるカン・ジェフン(イ・ビョンホン)は、オーストラリアに住む妻スジン(コン・ヒョジン)と息子と離れて暮らしているが、安定した職と家族にも恵まれ、それなりに成功した人生を送っていた。しかし、不良債権事件によりジェフンはすべてを失ってしまう。失意の中、ジェフンは家族との約束を果たすためオーストラリアへ。だが、やっと会えた妻と子にはオーストラリア人男性の影が…。ジェフンがたどりつく、驚愕の真実とは…!?

イ・ビョンホン自身が惚れ込んだ脚本の衝撃的なラストと共に、本年度ナンバーワンの呼び声も高いサスペンス映画となる本作。韓国映画としては珍しく、撮影の大部分をオーストラリアで行い、オペラハウスをはじめとする名所を背景に洗練された映像美で観客を魅了する。

主演を務めるのは、『MASTER/マスター』(11月10日(金)公開)では韓国史上最大規模の金融詐欺事件を起こした実在の投資会社代表に扮し、『密偵』(11月11日(土)公開)ではソン・ガンホ&コン・ユらと共演、『マグニフィセント・セブン』などハリウッドでも活躍する国際的スターのイ・ビョンホン。

彼が演じるジェフンの妻・スジンには、「大丈夫、愛だ」「プロデューサー」などの実力派女優コン・ヒョジンほか、現在公開中の映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』で注目を集める元「Wonder Girls」のアン・ソヒらが脇を固める。監督は、本作が長編映画デビューとなるイ・ジュヨン。ビョンホンが惚れ込むほどの語り手としての優れた能力と広告界で築いた演出力で、2017年最も期待される新人監督といわれている。

『エターナル』は2018年新春、全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集