キャサリン妃、第三子ご懐妊を発表!つわりによる公務への影響も?

最新ニュース ゴシップ

ロイヤルファミリー-(C)Getty Images
ロイヤルファミリー-(C)Getty Images 全 9 枚 拡大写真
イギリス王室のキャサリン妃の第三子ご懐妊をケンジントン宮殿が発表した。

ケンジントン宮殿は4日午前(現地時間)、「ケンブリッジ公爵夫妻は、ケンブリッジ公爵夫人が第三子を妊娠していることを、喜んで発表いたします。女王や両家の家族はこの報せにとても喜んでいます」と、ウィリアム王子とキャサリン妃に新しい家族が増えることを発表した。

同時に「過去2度の妊娠時と同じく、公爵夫人はつわりに苦しんでいます。妃殿下は本日ロンドンで予定していたホーンジーロード・チルドレンズ・センター訪問を取りやめました。公爵夫人はケンジントン宮殿で治療を受けています」と伝えている。

夫妻には、9月からプリスクールに通い始める4歳のジョージ王子と2歳のシャーロット王女がいる。

BBCでは王室報道関係者が、キャサリン妃がつわりに悩まされたことで発表の予定が早まったのではないかと話している。

今週はジョージ王子が学校に通い始める週でもあり、ケンブリッジ公ご一家にはうれしいニュースが続く1週間になりそうだ。

《text:Yuki Tominaga》

この記事の写真

/

特集

友だち追加