北野武、縁深いヴェネチアに感謝!『アウトレイジ 最終章』クロージングを飾る

最新ニュース レポート

『アウトレイジ 最終章』in ヴェネチア (c) Kazuko Wakayama
『アウトレイジ 最終章』in ヴェネチア (c) Kazuko Wakayama 全 12 枚 拡大写真
北野武の監督18作目となる最新作『アウトレイジ 最終章』が、9月9日(現地時間)、第74回ヴェネチア国際映画祭のクロージング作品として世界最速上映が実施され、圧巻のスタンディングオベーションに北野監督も笑顔を見せた。

裏社会の男たちの抗争を描いた究極のバイオレンス・エンターテインメント『アウトレイジ』シリーズは、北野監督が初めて手掛けたシリーズプロジェクト。前作から5年の月日を経て最新作となる最終章が完成、ヴェネチア国際映画祭のクロージング上映がワールドプレミアとなった。

実は北野監督と本映画祭の関わりは深く、これまで第54回にて『HANA-BI』が最高賞となる金獅子賞、第60回にて『座頭市』が監督賞にあたる銀獅子賞を受賞。また、『アウトレイジ』シリーズとしては、第1作目『アウトレイジ』が第63回カンヌ国際映画祭コンペティション部門にて上映、第2作目『アウトレイジ ビヨンド』が第69回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門にて上映されている。

『アウトレイジ 最終章』in ヴェネチア (c) Kazuko Wakayama
上映前に行われた公式記者会見には、約150ものマスコミ媒体が駆けつけ、北野監督と森昌行プロデューサーが登壇。はじめに、本作で表現したようなちょっと時代遅れのヤクザを語る映画、そしてバイオレンス表現の変遷について質問が及ぶと、監督は「自分の描くつもりでいるヤクザ映画というのは実は、拳銃と一方的な暴力を除けば、現代社会の普通の企業の構造にかなり似ていて、私が演じた大友というヤクザも、古いタイプのサラリーマンであって、いまの世の中では犠牲になる、というような話に言い換えることも出来ます。エンターテインメントとしてのバイオレンス映画として考えると、古いヤクザの抗争を描くのは面白いなと思います」と説明。

続けて、「『アウトレイジ ビヨンド』という2番目の映画の脚本を書いたときに、3本で絶対終わるというような脚本を同時に書いていったんです」と本作の制作秘話も披露した。

『アウトレイジ 最終章』in ヴェネチア (c) Kazuko Wakayama
また、今回で9作目の作品上映となり、関わりが深いヴェネチア国際映画祭について、「自分にとっては、ダメな監督と言われたり、体を壊したこともあり、日本のエンターテインメントでは“もう終わった人”というような記事を書かれたり、うわさもあったり、一番自分のキャリアの中で落ち込んでいた時代ですが、その後、ヴェネチア国際映画祭で立派な賞をいただいたことで、一気にエンターテイナーとしての地位に戻ることができた」とコメント。「自分のキャリアの中では、ヴェネチアは絶対に欠かせない自分の芸能生活の1つのエポック、事件で、いつも感謝しています」と感慨深げに記者たちに向けて語る姿が印象的だった。

その後のレッドカーペットでは、映画祭最終日の上映にも関わらず、異例の数の観客が会場に詰めかけ、大熱狂で迎え入れられた監督は、自らファンの元へ駆けより、写真撮影やサインに快く応じ、ファンとの交流を楽しんでいた。そして、待望の世界最速上映となったクロージング上映後には、2階席に座る監督へ向けて大喝采のスタンディングオベーションが送られ、監督も立ち上がり、手を振りながら満面の笑顔。鳴り止まない拍手と歓声は、監督が去った後も数分間に渡って続き、大盛況でワールドプレミアを終えた。

『アウトレイジ 最終章』in ヴェネチア (c) Kazuko Wakayama
さらに、上映後に行われた記者会見では「やっぱり映画って初公開するっていうのはどこの映画祭でも緊張する」と、本作の初上映の感想を述べた監督。ヴェネチアは「(監督の)ファンクラブがあって、顔見知りがいたり、そういう安心もあって、ありがたいけどプレッシャーにもなっている。自分の中では賞をもらったのがここヴェネチアでもあるし、この映画祭はちょっと違った意味はある」と、自信でも思い入れは特別の様子。

この前日には約60人の海外メディア記者を相手に受けたそうで、「かなりみんな好意的なのでほっとした」とふり返り、「映画祭に呼ばれるくらいの価値はあるんじゃないかなと自負している」と、さらに力強い言葉で締めくくっていた。

『アウトレイジ 最終章』in ヴェネチア (c) Kazuko Wakayama
『アウトレイジ 最終章』は10月7日(土)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集