まるで科学実験? バラやすみれの香りが広がる要注目のパティスリー

最新ニュース ルトロン

まるで科学実験? バラやすみれの香りが広がる要注目のパティスリー
まるで科学実験? バラやすみれの香りが広がる要注目のパティスリー 全 1 枚 拡大写真

「Seiichiro NISHIZONO(セイイチロウ 二シゾノ)」は、大阪・京街堀にあるパティスリーです。食べた人の記憶に残るお菓子を届けたいという想いから、とくに香りを強く意識したメニューを提供します。一口食べると、バラやすみれの香りが口の中で広がり、主に女性から大人気です。

ここはまるでスイーツを発表するショールーム

スッキリとした店内はイートインが可能で、座席を4席用意しています。「Seiichiro NISHIZONO(セイイチロウ 二シゾノ)」では伝統的なフランスのお菓子をベースに、さまざまな国の香りを取り入れた新しい切り口のお菓子を提供。
作り出されるお菓子は彩り豊かで、どれもアート作品のように美しく、見る人を飽きさせません。スイーツ好き、グルメ通たちをうならせるほどです。

記憶に残る香りをまとったフランス菓子は格別!

フランスを彷彿とさせる、スタイリッシュな店構えが魅力的。
オーナーはフランス研修を経た後、アパレルブランドや製菓学校講師とのコラボスイーツを発表するなどして、経験を積みました。こうしたユニークな経験を経て2014年11月に、香りに特化したスイーツを提供するパティスリーをオープン。
記憶と密接に繋がる嗅覚を大切に、見ておいしい、食べておいしいお菓子作りを目指しています。

しっとりした生地にバニラの風味が香るケーキ

お店の一番人気のメニュー「Gateau Basque vanille(ガトーバスクヴァニーユ)」(432円)は、フランスとスペインにまたがるバスク地方のお菓子です。
スパイシーなインド産のバニラをふんだんに使用し、表面はサックリ、中はしっとりとした生地が絶妙なバランスで、おいしいと好評です。アーモンド風味のクリームをサンドしたことにより、どこか懐かしい味わいに仕上がっています。

フランボワーズの甘酸っぱさと、ほのかに香るローズ

思いがけない出会いを表現したのが、「Dramatique(ドラマティック)」(540円)。フランボワーズにマスカルポーネチーズのムースを合わせた1品です。そこにローズやマロンを組み合わせたことで、斬新だと大好評。
見た目のフォルムはかわいらしく、ローズをまとうことでエレガントに。SNS映えも抜群なお店を象徴するメニューです。シェフの学生時代から長い間作り続けられている、お店唯一の定番ケーキです。

進化が止まらないパティスリーから目が離せない

「Seiichiro NISHIZONO」には、常に新しい刺激を求めるお客様が集まります。「フィナンシェ」はバターのかわりに一部自家製のアロマオイルを使用したりと、シェフのこだわりを感じさせます。ぜひ、驚きと発見に満ち溢れたお菓子の数々を、堪能してみてください。

大阪市営地下鉄四ツ橋線「肥後橋駅」7番出口から徒歩7分。香りの力を使った、要注目のパティスリー。多彩なアレンジが美しい、魅力的なスイーツを味わってみませんか?

スポット情報

スポット名
Seiichiro NISHIZONO
住所
大阪府大阪市西区京町堀1-12-25
電話番号
06-3787-3206

《編集部@ルトロン》

この記事の写真

/

特集

友だち追加