いまのテレビ界ではNG作家!?「高校教師」「人間・失格」…野島伸司ドラマの魅力とは

最新ニュース コラム

野島伸司
野島伸司 全 10 枚 拡大写真
アラフォー以上が集まれば、「昔のテレビは面白かったなぁ」という声をよく聞くもの。規制の厳しくなった現代に比べてひと昔前のテレビは、どんな面白いことが起きるかわからない、“おもちゃ箱”や“びっくり箱”のような存在だったのだ。

そして、1990年代のテレビドラマ界を面白くしていた功労者として、真っ先に思い浮かぶ一人が脚本家・野島伸司だ。この秋、Huluオリジナルドラマ「雨が降ると君は優しい」では、悲劇的純愛を綴るという野島氏。本ドラマの放送前に、いま一度、野島作品の魅力をふり返ってみたい。

■伝説的ドラマを数々残す野島伸司


野島作品のラインナップを改めて思い出してみると、「101回目のプロポーズ」では、浅野温子と武田鉄矢が演じる異色カップルによる男女の純愛を描き、「ひとつ屋根の下」では、江口洋介演じるあんちゃんと、それぞれに問題を抱えた兄弟たちの愛の物語に泣かされた。企画・原案を担当した「家なき子」では、少女の辿る壮絶な人生と、「同情するなら金をくれ!」というインパクト大のセリフで注目を集めるなど、老若男女を巻き込み、いまなお鮮烈な記憶として刻まれる伝説的ドラマを数々、世に放ったのだ。

野島作品の最大の持ち味は、タブーに挑む姿勢だ。教師と生徒の禁断愛を描き、社会現象ともなったのが「高校教師」。ヒロインを演じた桜井幸子の儚げな美しさも印象的。教師と生徒の恋というだけでドキドキするのに、次第にヒロインと実父のただならぬ関係が明らかとなるなど、ショッキングな内容で視聴者を釘付けにした。いじめをテーマとし、「KinKi Kids」が二人揃って出演したドラマ「人間・失格~たとえばぼくが死んだら」も忘れがたい。エスカレートするいじめから、いじめる側、いじめられる側の心理を浮き彫りにした。また、知的障害者の働く工場を舞台にした「聖者の行進」では、暴行や虐待を受ける弱者の気持ちに寄り添った。

■止まらないざわざわ感…視聴者に訴えかける作品たち


これらのドラマに共通しているのが、「まさかこんな展開が!?」「次はどうなるの!?」と先の読めない、キャラクターにとっても容赦ない展開。野島ドラマは、何が起こるかわからない、見たことのないものを見せてくれるような“ざわざわ感”に満ちていた。これこそまさに冒頭で述べた、テレビ全盛期の面白さそのものだろう。「コンプライアンス重視」が叫ばれ、いまのテレビ界はタブーに切り込むことが難しくなった。それゆえに、毒っ気のない、ハッピーの約束された作品が多くなり、ちょっとした物足りなさを感じてしまうのも事実。物語が衝撃的であればあるほど、そこから浮かび上がる愛やメッセージは強烈に輝いていたように思うのだ。

野島氏のような作家にとっては、地上波のテレビを舞台とすることは困難な時代。そこで彼が次なる表現の場として見つけたのが、Huluだった。世界に目を向けても、数々のクリエイターたちが発言権や表現の自由をぶつけられる動画配信サービスに興味を持ち始め、魅力的コンテンツが続々登場。ドラマの視聴スタイルも新時代に突入した。

「雨が降ると君は優しい」では、“セックス依存症”という病を抱えた妻と、その事実を知った夫を主人公に据えた野島氏。どうやら野島節全開! とんでもない過酷な運命を背負ったキャラクターを生み出したものだ。一体、彼らがどんな愛を見せてくれるのか…。“ざわざわ感”とともに期待して待ちたい。

《text:Orie Narita》

この記事の写真

/

特集

友だち追加