『美女と野獣』名シーンが初公開!“ポット夫人”から歌唱アドバイスも

映画 洋画ニュース

『美女と野獣』(C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
『美女と野獣』(C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved. 全 6 枚 拡大写真
エマ・ワトソンを主演にダン・スティーヴンス、ユアン・マクレガーらを迎え、また、日本語吹き替え版にも昆夏美や山崎育三郎など豪華なキャストが顔を揃えた『美女と野獣』が、ついに本日9月13日(水)よりデジタル先行配信がスタート。これを記念して、多くの観客たちを魅了したボールルームシーンの本編映像と、その日本語シング・アロング版(日本語歌詞付き)映像が初公開! ポット夫人役の岩崎宏美から、歌唱アドバイスも到着した。

>>あらすじ&キャストはこちらから

日本国内でも興行収入120億円を突破、邦画洋画を合わせた2017年公開作品でNo.1の大ヒットを記録し、いまなお記録を伸ばし続けている本作。今回解禁されたのは、本作を代表する名場面の1つで、アニメーション版ではアカデミー賞歌曲賞も受賞した楽曲「美女と野獣」が流れるボールルームでのダンスシーンの一部。さらに、本作のMovieNEXに収録されている同楽曲の日本語シング・アロング版の本編映像。

このボールルームのシーンは、ベルと野獣が、お城の住人たちの力も借りながら初めて2人でダンスをする場面で、ベルと野獣がお互いに心を通わせる様子が描かれる本作の中でも特に重要なシーン。映画公開時には、解禁されていなかった貴重な映像だ。


その場面で、お城のキッチンを取り仕切る料理人ポット夫人が披露するのが「美女と野獣」。実写版ではオスカー女優エマ・トンプソンが素晴らしい歌声を披露、豪華絢爛なボールルームの煌びやかな映像と重なり、感動的なシーンとなった。また、演技力・歌唱力に定評のある実力派俳優が勢ぞろいした日本語吹き替え版でポット夫人を演じていたのが、歌手・岩崎宏美。プロモーションでは主役ベルと野獣役を務めた昆さんと山崎さんがデュエットソングとしても披露していた本楽曲だが、劇中では岩崎さんがソロで、情緒豊かに歌い上げている。

日本語シング・アロング版では、画面で新たに訳された歌詞を見ながら、一緒に歌うことができる。ポット夫人役の岩崎さんからは、「テーマ曲『美女と野獣』は、きっと皆様のお耳には馴染んでいるかと思いますが、実はオーケストラにタイミングを合わせることが意外に難しいんです。何度も聴いて演奏の流れをつかみ、ベルと野獣の気持ちになって気持ちよく歌えるように頑張って下さい」とのアドバイスも。


ぜひ一緒にシング・アロング版で歌ってみては?

『美女と野獣』はデジタル先行配信中、MovieNEXは10月4日(水)より発売(※同日ブルーレイ・DVDレンタル開始)

《text:cinemacafe.net》

『美女と野獣』

好きなキャラクターは?

この記事の写真

/

特集