『ブラックパンサー』華麗なアクションで闇夜に降臨!日本版特報公開

映画 洋画ニュース

『ブラックパンサー』 (C)Marvel Studios 2017
『ブラックパンサー』 (C)Marvel Studios 2017 全 7 枚 拡大写真
マーベル・スタジオ作品初のスパイ・アクションとして注目を集める『ブラックパンサー』。このほど、冒頭の「マーベル・スタジオ」ロゴまで漆黒に変身する本作から初映像となる日本版特報映像が到着した。

>>あらすじ&キャストはこちらから

ブラックパンサーは、2016年に公開された大ヒット作『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で鮮烈なデビューを飾ったマーベル・スタジオの新ヒーロー。キャプテン・アメリカの持つ盾と同じ材質(ヴィブラニウム)からなるスタイリッシュな漆黒のスーツを身にまとい、鋭い爪と優れた戦闘能力が魅力のキャラクターだ。

『ブラックパンサー』 (C)Marvel Studios 2017
しかも、これまでのマーベル・スタジオ映画にはなかった、スパイ映画の要素が盛り込まれるという本作から、このたび特報映像が到着。冒頭の「MARVEL STUDUOS」ロゴからブラックに変身、その直後には、闇夜に紛れたブラックパンサー(チャドウィック・ボーズマン)が犯罪者たちの頭上に現れ、アクロバットな動きでド派手に敵を吹き飛ばしていく! 敵は銃で攻撃するが、特殊な材質ヴィブラニウムでできた彼のスーツは銃弾の衝撃を吸収し、すべて無効化する。

ヒーローとワカンダの国王という2つの顔を持つブラックパンサーは、この国の秘密を狙う国内外の敵から世界を守るため、仲間たちと戦う。本作には「世界で最も美しい顔」にも選ばれたオスカー女優のルピタ・ニョンゴが扮するヒロインや、『クリード チャンプを継ぐ男』のマイケル・B・ジョーダンら、個性的かつ魅力的なキャラクターたちも登場する。

これまでのマーベルヒーローとは一線を画すビジュアルと、スピード感あふれる生身のアクションの数々には目がくぎ付けに。さらに、闇夜の街中でのカーアクションとは対照的に、美しく発展したワカンダ王国の自然あふれる平原や滝も映し出されている。これは、マーベル・スタジオ作品で初めてスパイ映画の要素を盛り込んだ本作ならでは特徴で、物語の壮大なスケール感が垣間見える。そして、ブラックパンサーが車を吹っ飛ばし、前方を走る車に華麗に飛び移るアクロバットシーンで特報は終了する。


世界中が狙う、この国の秘密とはいったい…!? そこに隠されたアベンジャーズとのつながりとは? 本作のストーリーがますます気になる映像となっている。

『ブラックパンサー』は2018年3月1日(木)より全国にて公開

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加