『ローガン・ラッキー』ぶっ飛び予告到着!S・ソダーバーグ監督、6年ぶり来日も

映画 洋画ニュース

『ローガン・ラッキー』 (C)2017 INCARCERATED INDUSTRIES INC. ALL RIGHTS RESERVED.
『ローガン・ラッキー』 (C)2017 INCARCERATED INDUSTRIES INC. ALL RIGHTS RESERVED. 全 5 枚 拡大写真
ダニエル・クレイグがぶっ飛んだ悪人を演じることでも話題の『ローガン・ラッキー』から、日本版予告が到着。また、本作が第30回東京国際映画祭(TIFF)の特別招待作品として先行上映されることに合わせ、スティーヴン・ソダーバーグ監督の6年ぶりの来日も決定した。

>>あらすじ&キャストはこちらから

本作の主人公は、チャニング・テイタム演じるジミーと、アダム・ドライバー演じるクライドの“ローガン”兄弟。この先祖代々続くローガン一家は、ことごとく運がない。兄のジミーはアメフト界の英雄だったが怪我を機に引退し、弟のクライドはイラク戦争で片腕を失った元軍人だ。

このたび到着した予告映像の冒頭では、いまでは炭鉱作業員として働くジミーが、上司から「ここを離れてもらいたい」と告げられる姿が映し出される。仕事をクビになり、妻には逃げられ、人生のどん底に落ちてしまったジミー。そこで、弟クライドと妹・メリー(ライリー・キーオ)に、全米最大のNASCARのレース開催中に売上金を強奪する計画を持ち掛ける。

この一発逆転の大チャンスにかけた兄弟が作戦の協力を仰いだのは、“爆弾魔”ジョー・バング。演じているのは早くも話題沸騰中、『007』シリーズのシックな男気あふれる“ジェームズ・ボンド”役でおなじみ、ダニエル・クレイグだ。「俺は、“服役中”なんだぞ」と兄弟の無謀すぎる計画に渋るものの、「俺たちが脱獄させる」というジミーのひと言で、微かにジョーの目の色が変わり…。

本作では、これまで演じた役どころとは180度真逆のキャラクターを熱演するクレイグ。ブリーチした金髪に全身タトゥーのぶっ飛んだ悪人を演じ、今回の映像でも、その“クレイジー”な一面を垣間見せている。さらに映像には、爆弾を仕掛けるジョーと、一歩遅れて逃げ出すローガン兄弟、さらにはジョーが収容されている刑務所で巻き起こる乱闘騒ぎの様子もお披露目。


そして、「ジミー・ローガンを調べて」と呟くFBI捜査官サラ・グレイソン(ヒラリー・スワンク)の姿もあり、ローガン兄弟に襲い掛かる、さらなる“不運”を予感させるシーンが次々と映し出され、苦笑せずにはいられない!? “世界一不運”なローガン兄弟率いる“史上最低のドリームチーム”は、狙い通り、前代未聞の作戦を成功させ、大金を手に入れることはできるのか!? ド素人の強盗団が仕掛ける計画の行く末に、目が離せそうもない!

また、超豪華なキャスト陣をまとめあげたのは、久々に映画界に復帰したソダーバーグ監督。2001年『エリン・ブロコビッチ』、『トラフィック』の2作同時アカデミー賞ノミネート&受賞を果たし、2013年に映画界から引退を表明していたが、4年ぶりの新作は「今作が撮りたくてまた戻ってきたんだ」と語るほどに熱の入った作品になっている。

10月25日(水)~11月3日(祝・金)開催の第30回東京国際映画祭では、『コンテイジョン』以来、6年ぶりとなる来日が決定。「ソダーバーグ監督、ここに復活!」といわんばかりに世界中で巻き起こり始めている“ソダーバーグ旋風”が、いよいよ日本にも到来する。

『ローガン・ラッキー』は11月18日(土)よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加