愛する者を奪われた孤高の“私刑執行人”「Marvel パニッシャー」予告到着

海外ドラマ スクープ

Netflixオリジナル「Marvel パニッシャー」
Netflixオリジナル「Marvel パニッシャー」 全 3 枚 拡大写真
Netflixとマーベルの共同製作で生まれた、孤高の“私刑執行人”を描くオリジナルドラマ「Marvel パニッシャー」。ジョン・バーンサルが愛する家族を殺され、“復讐の鬼”と化したパニッシャーを演じる本作から、予告映像が新場面写真とともに到着した。

パニッシャーことフランク・キャッスルが主人公となる本作。元軍人であるフランクは、胸に“ドクロ”が描かれたトレードマークともいえるボディアーマーを着用し、悪に対して全く容赦しない“私刑執行人”として、犯罪社会の奥深くに隠された陰謀を暴いていく。

“ザ・ディフェンダーズ”の一員であるデアデビルやアイアンフィストたちとはまた違った、アンチヒーローでもあるパニッシャーは、アメコミファンには人気の高いキャラクター。Netflixのマーベルドラマシリーズでは「Marvel デアデビル」シーズン2にも登場し、早くから彼を主人公にした本作の配信が熱望されていた。

公開された場面写真と予告映像では、愛する家族を殺されたフランクが“パニッシャー”となるまでの姿や、家族を奪った者たちを追いつめ、問答無用で処刑していく姿があり、いわゆる普通のヒーローとは違う、バイオレンスあふれる“パニッシャー”の哀しき戦いのドラマを彷彿とさせている。



パニッシャーを演じるのは、大ヒットドラマ「ウォーキング・デッド」のシェーン役として知られ、『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート』や『フューリー』、『ザ・コンサルタント』など映画作品でも見る者に強烈な印象を残してきたジョン・バーンサル。そのほか、「Marvel デアデビル」のヒロイン、カレン・ペイジを演じるデボラ・アン・ウォール、敵役といわれる「ウエストワールド」『ナルニア国物語』のベン・バーンズの姿も。

本作について、バーンサルは「まず役作りで大事にしたのはファンを裏切らないこと。彼はある意味自ら進んで闇の世界に入った男なんだ。これこそが自分のやるべきこと、自分のいるべき世界だと思っているんだよ」とコメント。「フランクという人間の核にあるのは、後悔、苦悩、悲しみではなく、消えることのない自身への罪悪感だと思うんだ」と、そのキャラクター像を語っている。

Netflix版マーベルシリーズに登場する新たなクライムファイターの活躍は、今後のNetflixのマーベルユニバースにどのような影響を与えてゆくのか。本作にも注目していて。

「Marvel パニッシャー」は2017年、Netflixにて全世界同時配信。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加