長濱ねる、「欅坂46」に専念!ドラマ「Re:Mind」出演者は新メンバーからオーディション

最新ニュース スクープ

ドラマ「Re:Mind」-(C)「Re:Mind」製作委員会
ドラマ「Re:Mind」-(C)「Re:Mind」製作委員会 全 3 枚 拡大写真
連続ドラマ初主演の「けやき坂46」を迎え、10月から木曜深夜ドラマ枠「木ドラ25」にて放送がスタートする「Re:Mind(リマインド)」。このほど、本作に出演を予定していたメンバー・長濱ねるが「欅坂46」の活動に専念するため、出演を見送ることになった。

本作は、秋元康氏の同名原作を連続ドラマ初主演の「けやき坂46」で映像化する密室サスペンスドラマ。密室、拘束、失踪…、高校のクラスメイトの少女たちが、次々と襲われる恐怖、そして混乱。彼女たちはなぜ、密室に集められたのか。彼女たちを閉じ込めたのは、いったい誰なのか…? 

この秋、「けやき坂46」ファンのみならず、ミステリー・ドラマファンからも注目を集めている本作。先日の情報解禁時に出演者の1人として発表されていた長濱さんは、漢字の「欅坂46」とひらがなの「けやき坂46」の兼任メンバーであったが、このたび、所属事務所との協議の結果、長濱さん本人の体調面を考慮して兼任を解除、「欅坂46」の活動に専念するため、本作への出演を見送ることになった。

元はといえば、長濱さんからスタートした「けやき坂46」こと「ひらがなけやき」。長濱さんの「けやき坂46」への想いは、これまで一緒に活動してきた11人と、8月に追加メンバーとして合格した新たな9人へと本ドラマでも引き継いでいくことになり、9人の中からドラマ主要メンバーとして出演する1人を選ぶオーディションを急きょ実施。改めて、グループ初の主演ドラマを盛り上げていく。

<欅坂46運営委員会からのコメント>


「欅坂46」の躍進、そして、「ひらがなけやき」の急成長により、兼任メンバーである長濱ねるの稼働が大幅に上がりました。「ひらがなけやき」主演ドラマのお話をいただいてから、撮影の準備を進めてまいりましたが、全国ツアー後、「漢字欅」の稼働もさらに多忙を極め、これ以上、長濱が「漢字欅」と「ひらがなけやき」を兼任しての活動は本人の体調を考えた結果、困難と判断しました。

運営で協議を重ねた結果、長濱は「漢字欅」にとっても重要なメンバーであり、「ひらがなけやき」が新メンバーを迎えて新たな一歩を踏み出すいま、長濱の兼任を解除、「漢字欅」専任となり活動を続けることを決定しました。これにより、今後の5thシングルの稼働から、長濱ねるは「漢字欅」として活動をいたします。状況ご理解いただき、今後とも「欅坂46」、「けやき坂46」、そして、長濱ねるをよろしくお願いします。

木ドラ25「Re:Mind」は10月19日(木)より毎週木曜深夜1時~テレビ東京ほかにて放送、10月13日(金)より毎週金曜Netflixにて先行配信予定。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加