2017年上半期韓国動員数No.1! ヒョンビン×ユ・ヘジン共演『コンフィデンシャル/共助』日本上陸

韓流・華流 スクープ

『コンフィデンシャル/共助』(C)2017 CJE&M CORPORATION, ALL  RIGHTS RESERVED
『コンフィデンシャル/共助』(C)2017 CJE&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED 全 2 枚 拡大写真
動員数781万人を記録、2017年上半期韓国映画動員数ナンバー1となり、第21回ファンタジア国際映画祭で最優秀アクション賞を受賞したメガヒットアクションエンターテインメント『共助』(原題)が、『コンフィデンシャル/共助』の邦題で来年2月に日本でも公開されることが決定した。

北朝鮮の刑事リム・チョルリョン(ヒョンビン)は、アメリカドルの偽札を作る犯罪グループを逮捕する任務を遂行中、上司チャ・ギソン(キム・ジュヒョク)の裏切りにより仲間と妻を殺されてしまう。組織は偽札を作る銅版を奪い、韓国へと逃亡。それが明るみに出ると世界を揺るがす危機を誘発するため、秘密裏に取り返さなくてはならない北朝鮮は、チョルリョンをソウルに派遣する。国際犯罪者の逮捕要請を受けた韓国側は、庶民派ダメ刑事カン・ジンテ(ユ・ヘジン)を任務にあたらせ、歴史上初の“南北共助捜査”を極秘に契約する。しかし、韓国は北朝鮮の真の思惑を探るべく捜査を偽装してカンにチョルリョンの密着監視を命じていた。かくして出会うはずのなかった刑事コンビはそれぞれの思惑を持ちつつ凶悪な犯罪組織との戦いに身を投じていく――。

本作は、韓国へと逃亡した北朝鮮の犯罪組織を追い、史上初の“南北共助捜査”を極秘で契約しタッグを組んだ2人が、世界を揺るがす危機へと立ち向かうストーリー。

上司の裏切りにより妻と仲間を殺され、復讐に燃える北朝鮮の最強エリート刑事リム・チョルリョンを演じるのは、『愛してる、愛してない』『王の涙 イ・サンの決断』や、ドラマ「シークレット・ガーデン」で日本でも圧倒的人気を獲得したヒョンビン。また、韓国側の庶民派熱血ダメ刑事カン・ジンテを、『ベテラン』『LUCK-KEY ラッキー』のユ・ヘジンが好演。劇中で繰り広げられるハリウッドクラスのド派手なカーアクションを始め、銃撃戦、追跡劇、そして手に汗握る接近戦などアクションシーンは必見だ。

そのほか、冷酷無慈悲な犯罪組織のリーダーに『愛なんていらない』『ビューティ・インサイド』のキム・ジュヒョク、最強エリート刑事に恋心を抱くダメ刑事の義妹を、劇場映画としては今回が初出演となる「少女時代」のユナが演じている。

『コンフィデンシャル/共助』は2018年2月、TOHOシネマズ 新宿ほか全国にて公開予定。

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加