有村架純、松本潤が演じた先生に「聞いてることと違うぞ!」と恨み節

最新ニュース レポート

有村架純/『ナラタージュ』試写会
有村架純/『ナラタージュ』試写会 全 10 枚 拡大写真
「嵐」の松本潤主演の映画『ナラタージュ』の公開を前に9月27日(水)、試写会が開催され、松本さんに加え、有村架純、坂口健太郎、行定勲監督が登壇。映画同様に「一生の一度の恋をした」観客が招待され、そのエピソードについてキャスト陣がエール、アドバイスを贈った。

島本理生の「この恋愛小説がすごい」1位に輝いた同名恋愛小説を原作に、女子大生の泉と、彼女の高校時代の演劇部の顧問で既婚の葉山の禁断の恋を描き出す。

松本さんらが舞台に登場すると、会場は文字通りの悲鳴のような大歓声に包まれ、松本さんが「葉山先生です(笑)」と挨拶しただけで「キャーッ!」と声が上がる。これには共演陣もびっくりしたようで、有村さんは「葉山先生が出てきただけで、すごかったですね…」と驚きを口にし、坂口さんは「思わず僕も歓声を上げたくなりました」と笑う。

『ナラタージュ』試写会
行定監督は、本作を観たら「歓声が変わると思う」と自信ありげに謎めいた“予言”を口にするが、松本さんは「みなさんにどう受け取ってもらえるか? (観終わって)自分の中に芽生えた感情を大事にとっておきたくなり、声を出したくなくなるんじゃないかと思います」と語る。

劇中で展開するのは許されざる恋とあって、有村さんは「葉山先生に対し、『なんなんだろう? このひとは…』という思いもあったし、いろいろ複雑です。憎しみはないけど…あるみたいな…」と愛憎入り乱れる何とも言えない感情を吐露。松本さんは、印象深いシーンとして、そんな有村さん演じる泉の「表情が崩れるところ」を挙げ「感情が出てしまうからこそ、表情が曇ったり崩れたりする。体当たりで演じているぶん、それが如実に出ている」と称賛。有村さんは「『あれ? なんか聞いてることと違うぞ…』という出来事があるんですが、それがわかって問い詰めるのではなく、わかった上で寄り添う。そこから泉の戦いが始まった気がします」と述懐。行定監督からは、そう語る有村さんについて「怖い…(苦笑)!」という声も…。

有村架純/『ナラタージュ』試写会
この日は「一生に一度の恋をした(している)人」限定の試写会ということで、登壇陣がそれぞれ、事前に招待客から寄せられた恋エピソードの中からお気に入りのものを選定! 有村さんは携帯もネットもない時代に、海外研修をきっかけに自然消滅してしまったという女性の恋のエピソードに共感したそうで「文通でやりとりし、はぐくんでいた、現代とは違う恋模様がピュアで素敵です」と語る。

松本さんが選んだのは、現在、10歳以上歳の離れた男性に恋をしている20代の女性のエピソードを選定! 「こういう方にぜひこの映画観ていただきたいです。『好き』だけでなく、不安とかネガティブな感情もありながら、ポジティブな気持ちを信じたいという思いが伝わってきました。今日、この映画を観て、この作品が背中を押してくれればいいなと思うし、もう少し歳を重ねて、状況がどうなっているかわからないけど、そのときにこの映画を観ると、また印象が変わるんじゃないかと思います」と語りかけた。

『ナラタージュ』試写会
『ナラタージュ』は10月7日(土)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加