「ONE PIECE」尾田栄一郎、日本画コラボで新作キャラ書き下ろし!

最新ニュース スクープ

ヌエ(C)尾田栄一郎/集英社
ヌエ(C)尾田栄一郎/集英社 全 6 枚 拡大写真
『ONE PIECE』の連載20周年を記念し、京都の名所を舞台にしたイベント「ONE PIECE 20th ×KYOTO 京都麦わら道中記~もうひとつのワノ国~」が10月7日にスタートする。その一環として、京都市の大覚寺では「ONE PIECE ART NUE 大覚寺『魔獣と姫と誓いの花』展」を開催。完全新作のサイドストーリー「ワノ国 特別編」を日本画とのコラボレーションで表現している。

本イベントは大覚寺の境内全体を巡って、サイドストーリー「ワノ国 特別編」を楽しめる新しいスタイルのアート展だ。日本画とのコラボをテーマにしており、『ONE PIECE』の世界観を水墨画や絵巻物、錦絵で表現する。

物語はワノ国の都・ヨウの浜辺に悪魔の実が流れ着いたことから始まる。息も絶え絶えに月夜の浜辺を彷徨っていた脱走兵のトラツグは、砂浜に転がる異形の果実を見つけて一心不乱にかじりついた。すると果実の呪いが彼の姿をケモノに変えてしまう。手足はトラに、顔はサルに、胴はシシに、尾はヘビに。そして男は巨大な妖怪ヌエとなって空へ舞い上がっていく……。

原作者・尾田栄一郎が描き下ろしたトラツグ、ラーク皇子、菊姫、そしてトラツグが姿を変えたヌエといったキャラクターの設定画も公開。キャラクターはいずれも和をイメージした仕上がりで、ラーク皇子は平安貴族を思わせる烏帽子のような帽子を被っている。菊姫は十二単のような煌びやかな衣装と可愛らしい笑顔が印象的。一方のヌエは炎をまとう恐ろしい姿に仕上がった。これらのキャラクターが日本画でどのように表現されるのか、ファンの期待を煽る出来映えである。

展示会は10月7日から22日まで開催。詳細は公式サイトを確認してほしい。

(C)尾田栄一郎/集英社/京都麦わら道中記推進委員会

「ONE PIECE」日本画とのコラボ新作ストーリー、お寺で公開! 尾田栄一郎が妖怪描く

《高橋克則》

この記事の写真

/

特集

友だち追加