レディー・ガガら、ラスベガスの銃乱射事件を受け「銃規制」を訴える

最新ニュース ゴシップ

レディー・ガガ-(C)Getty Images
レディー・ガガ-(C)Getty Images 全 10 枚 拡大写真
1日夜(現地時間)、ラスベガスで銃乱射事件が起き、アメリカ史上最悪の死者数を出した。犠牲になった多くの被害者は、音楽フェス「Route 91 Harvest Festival」を楽しみにやってきていた観客たち。この事件を受けてセレブらが憤り、銃の規制をSNSで訴えている。

レディー・ガガは「これは明白なテロ行為です。民主党も共和党もいますぐに団結してください。#銃規制を」、「祈ることはとても大切、でも人々の命は法律を制定する権力を持つポール・ライアン、ドナルド・トランプ、あなたたちの手にかかっているの。すぐに行動して。#銃規制を」などとツイート。その後、ガガは「インナーピース(心の平穏)」を通してみんなとつながりたいとの希望から、日常的に行っている瞑想をインスタグラムでライブ中継した。20分間、ライブ中継を見ていたフォロワーたちとともに瞑想と黙祷、祈りをささげたようだ。



アリアナ・グランデは「ラスベガスを思うと心が張り裂けそうです。私たちには愛と団結、平和、銃規制、人々がこの状況を見てこれはテロであると声を上げることが大切です」とツイートした。レナ・ダナム、エイミー・シューマー、ジョン・レジェンド、キム・カーダシアンらもツイッターで銃規制を訴えている。

《Hiromi Kaku》

この記事の写真

/

特集

友だち追加