小栗旬×堂本剛、久々の共演に福田監督は待ち時間も「会話を聞いていた」

映画 邦画ニュース

『銀魂』(c)空知英秋/集英社 (c)2017 映画「銀魂」製作委員会
『銀魂』(c)空知英秋/集英社 (c)2017 映画「銀魂」製作委員会 全 3 枚 拡大写真
単行本累計5,100万部を超える空知英秋の大人気コミックを実写化し、興行収入が38億円を超え、2017年実写邦画No.1(10月6日時点/興行通信社調べ)となった映画『銀魂』のブルーレイ&DVDが11月22日(水)に発売。この度、プレミアム・エディションに収録される、主演・小栗旬×福田雄一監督のコメンタリー収録が先日行われ、息の合ったやりとりを見せた。

今回発売される初回仕様のプレミアム・エディションには、「坂田銀時篇」「志村新八篇」「神楽篇」などと銘打ったメイキング&インタビュー、イベント映像集、本編ではやむなくカットされたシーンやNGシーンのほか、豪華映像特典として、小栗さんと福田監督によるコメンタリーが収録(※ブルーレイプレミアム・エディションには「ビジュアルコメンタリー」、DVDプレミアム・エディションには音声のみの「オーディオコメンタリー」を収録)。

このコメンタリー収録日は、小栗さんが主演、福田監督が演出を務めるミュージカルが公演中だったため、「いま『銀魂』のコメントと言われても難しい(笑)」と不安を漏らしていたものの、冒頭から小栗さんがオープニングタイトルの「PASSION」という曲で歌声を披露したシーンで2人は大爆笑。福田監督は歌声について、「この1か月で成長したね。(このときは)声ブレブレだよね」と指摘すると、「俺、『PASSION』いまだったらもうちょい上手く歌えると思う」とノリノリで返すなど、和気あいあい。

また本編が進むにつれて、作品に見入って無言になってしまう場面もあり、いままではコメンタリーで延々と喋っていられたという福田監督は、「面白いから普通に観たい(笑)」と監督自ら夢中に。そんな中でも、2人の口からは様々な撮影の裏話が飛び出し、新八を演じた菅田将暉については「菅田くんはほんとに上手くいってるなぁ」(福田監督)、「菅田将暉のいつものオーラが全くない」(小栗さん)と絶賛。さらに、沖田役の吉沢亮についても、小栗さんと初絡みのシーンでガチガチに緊張し、カットがかかる度に福田監督の元に来てウロウロしていたということや、岡田似蔵役の新井浩文が撮影時にポケモンGOに熱中していたなどキャスト陣についても明かした。

12年ぶりの映画出演が話題となった堂本剛については、小栗さんとの共演が兄弟役を演じた17年前のドラマ「Summer Snow」以来だったため、(敵対する役での)久しぶりの共演は不思議な感覚だったと言い、そんな2人が待ち時間に何を話すのか気になったという福田監督は、「待ち時間もイヤホンをつけて会話を聞いていた」と告白。

そして本編が終わりに差し掛かると、「もう終わりかー。面白かった~」と福田監督。小栗さんは「この(エンドロールで流れる本編の)ダイジェスト版見ているだけで面白いもんなぁ…」と最後までいち観客としても作品を満喫していた。

『銀魂』ブルーレイ&DVDは11月22日(水)リリース、10月25日(水)デジタル先行配信開始。※dTVオリジナルドラマ「銀魂 -ミツバ篇-」は11月22日(水)同時リリース。

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加