山崎賢人&岡山天音のイチャイチャが止まらない!ヒロインのはずの広瀬アリスもタジタジ

最新ニュース レポート

広瀬アリス&山崎賢人&岡山天音/『氷菓』完成披露試写会
広瀬アリス&山崎賢人&岡山天音/『氷菓』完成披露試写会 全 12 枚 拡大写真
米澤穂信による学園ミステリー小説を初めて映画化する『氷菓』の完成披露試写会が10月11日(水)、都内で行われ、山崎賢人、広瀬アリス、岡山天音、安里麻里監督が出席。山崎さん&岡山さんのイチャイチャが止まらず、ヒロイン役の広瀬さんはタジタジだった。

2人はプライベートでも親交があるそうで、「現場で会っても無視された」(岡山さん)、「普段、仲がいい分、現場でどう接したらいいかわからなくて…」(山崎さん)。焼き肉店で台本の読み合わせもしたといい、これには広瀬さんが「私、誘われていない…」とやきもちを焼くほどだ。

山崎賢人&岡山天音/『氷菓』完成披露試写会
さらに広瀬さんからは「さっき、移動中のバスで言ってたんですけど、2人は前世で1人の人間だったらしいんですよ。今世では2人に分かれちゃったみたいで」と驚きの暴露も! これに乗じて、安里監督も「現場でモニターを見るとき、2人は絶対に肩を組んでいて(笑)。いまの話を聞いて、謎が解けました!」と映画を超えるミステリーに、納得の表情だった。

広瀬アリス&山崎賢人/『氷菓』完成披露試写会
ちなみにどんな部分が好きか聞かれると、「人間性」(山崎さん)、「うーん、全部」(岡山さん)と相思相愛ぶりはヒートアップするばかり。写真撮影では、カメラマンから「ぜひ、肩を組んで!」の注文が飛び、即実行し、満面の笑みを浮かべる山崎さん&岡山さんだった。

広瀬アリス&山崎賢人&岡山天音/『氷菓』完成披露試写会
山崎さんが「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」という省エネ主義をモットーに生きる高校生探偵の折木奉太郎、広瀬さんは好奇心があふれ出すと、誰にも止められないヒロインの千反田えるを演じる謎解き青春学園エンターテインメント。3年前に起きた“ある事件”の重要人物である、えるの伯父・関谷純の高校生時代を本郷奏多が演じている。

『氷菓』は11月3日(金・祝)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加