レトロクラシカルな気分に 贅沢アフタヌーンティーを満喫

最新ニュース ルトロン

レトロクラシカルな気分に 贅沢アフタヌーンティーを満喫
レトロクラシカルな気分に 贅沢アフタヌーンティーを満喫 全 1 枚 拡大写真

東京丸の内の三菱一号館美術館併設の「Café 1894」は、レトロでクラシックな空間がロマンチックなミュージアムカフェ・バー。かつての銀行営業室を復元した店内は歴史を感じるムードたっぷりの空間です!

明治の銀行営業室を再現した空間で優雅なティータイムを

三菱一号館美術館にある「Café 1894」は、かつて銀行営業室として利用されていた場所に誕生したミュージアムカフェ・バーとして愛されているクラシカルなお店。

1894年の三菱一号建設当時の写真や図面、保存部材から忠実に復元した空間は、明治の趣たっぷりのロマンチックな雰囲気が漂っています。当時の銀行窓口も細部までしっかり作られているので、タイムスリップしたような心地になります。

大切な人とのティータイムにはもちろん、大人の女子会にもぴったり!デートから会食まで対応できる万能スポットです。気品あふれるレトロなカフェタイム、バータイムにとびきりラグジュアリーな体験をさせてくれます。

リピーター続出!完全予約制のアフタヌーンティー

「Café 1894」が誇る完全予約制のアフタヌーンティーは、いつも告知後にすぐ予約が埋まってしまうほどの人気ぶり。三菱一号館美術館で展覧会を開催している期間はアフタヌーンティーの提供がないため、展覧会がお休みの時だけ提供される期間限定メニューなのです。優雅な気分で満たしてくれる繊細かつ華美なスイーツの数々が、3段のケーキスタンドに美しく並んで登場します。

11:00~14:00のランチタイムには鮮やかな野菜が絵画のように盛られた「Café 1894 ガーデンプレートランチ」、14:00~17:00のティータイムは古き良き清楚な味わいの「Café 1894自家製クラシックアップルパイ」と紅茶の組み合わせが人気です。

17:00~23:00のディナータイムには、「真鱈と北アカリのクリームグラタン 白トリュフの香り」「マッシュルームと燻製モッツァレラチーズのオムレツ 黒トリュフソース」など高級食材をふんだんにあしらった高貴なメニューも多数!シェアして楽しめる美しいものばかりです。

場所は、JR各線「東京駅」丸の内南口より徒歩5分と、アクセスしやすいのもうれしいポイント。ぜひ訪れてみてください。

文/萩原かおり

スポット情報

スポット名
Café 1894
住所
東京都千代田区 丸の内2−6−2 三菱一号館美術館内
電話番号
03-3213-7156

《編集部@ルトロン》

この記事の写真

/

特集

友だち追加