有村架純、坂口健太郎からの告白「やっぱり好きだ」に複雑な思い…『ナラタージュ』本編映像

映画 邦画ニュース

『ナラタージュ』(C)2017「ナラタージュ」製作委員会
『ナラタージュ』(C)2017「ナラタージュ」製作委員会 全 8 枚 拡大写真
先週末に公開され、女性の観客から圧倒的な支持を集めている『ナラタージュ』。本作から、有村架純演じる工藤泉が、坂口健太郎演じる小野怜二から告白されるという重要なシーンの劇中映像が到着した。

>>あらすじ&キャストはこちらから

公開直後から、SNSでは不器用に恋をする登場人物たちの姿に心を揺さぶられたという声が続出している本作。許されない恋に悩みながらも思いに抗えない高校教師・葉山役を演じるのは、『陽だまりの彼女』以来4年ぶりに恋愛映画に臨んだ松本潤。葉山を全身全霊で愛する工藤泉役を有村さん、そして、泉と一度は恋人になるも、葉山を忘れられない泉への恋心と嫉妬に揺れる大学生・小野怜二役を坂口さんが務めた。

昨日10月12日の第22回釜山国際映画祭オープニングレッドカーペットには、有村さんと行定勲監督が登場、本日13日には「Gala Presentation(ガラ プレゼンテーション)部門」で公式上映されることでも話題を呼んでいる。

そんな中、有村さん演じる泉が、坂口さん演じる小野から告白されるシーンの映像が到着。孤独だった高校時代、泉を救った教師・葉山。卒業式の日の、誰にも言えない葉山との思い出を胸にしまっていた泉は、大学生になり、葉山と再会したことで気持ちがまた募っていく。しかし、葉山からは離婚の成立していない妻の存在を告げられる。そこで、葉山を忘れようとした泉は、自身に想いを寄せる小野と付き合うことに…。

今回到着した映像は、泉が小野と付き合うことを決めると同時に、葉山を忘れようと決意したシーン。泉は、小野の故郷の京都でともに時間を過ごし、小野からの告白を受け入れる。しかし、付き合うことになったものの、1人になった泉が遠い目をしながら、何とも言えない表情を浮かべるのが印象的。葉山を想いながらも忘れようとする、複雑な泉の心情が伝わってくるシーンになっている。


『ナラタージュ』は全国にて公開中。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加