香取慎吾、食事シーンNGで「ビストロ」出演を断られた過去を告白「ホンネテレビ」

最新ニュース スクープ

「稲垣・草なぎ・香取3人でインターネットはじめます『72時間ホンネテレビ』」(C)AbemaTV
「稲垣・草なぎ・香取3人でインターネットはじめます『72時間ホンネテレビ』」(C)AbemaTV 全 2 枚 拡大写真
稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人による「稲垣・草なぎ・香取3人でインターネットはじめます『72時間ホンネテレビ』」にタレントの堺正章が出演。3人と「SMAP」が解散した昨年末、食事会を開いたお店で堺さんと72分間にわたりトークを繰り広げた。

昨年末、稲垣さん、草なぎさん、香取さんらが96年に「SMAP」を脱退したオートレース選手の森且行らと食事会を開いた焼き肉店に到着した3人は、そこで待っていた堺さんと合流。「72分ノーカット生配信、あの夜の真相 今の3人のホンネ」と題して、3人と堺さんの焼肉を食べながらの“本音トーク”がスタート。

堺さんから昨年末の食事会について話を振られると、3人は森さんと10数年ぶりに再会して雰囲気がなごんだことや、「SMAP」がデビューした1991年のワインで乾杯したことなど、当時の食事会の雰囲気を語った。

また食事をしながらの配信ということから「食事のシーンが好きな人と好きじゃない人がいる」という話題に。香取は“料理を作る番組”をやっていたとき「料理を作るのは好きでも、食事をするシーンを撮るのがいやだから出演NGという人もいた」と、「ビストロSMAP」を連想させるトークで“ホンネ”を明かしてくれた。

その後も様々なテーマでトークが展開。堺さんから「アイドルという言葉をどう感じるか」と聞かれると、稲垣さんは「(アイドルは)ごくわずかな人間しか与えられない称号。僕らが人間味むき出しでやってきたことが支持されたことはありがたい」、香取さんは「僕は自分をアイドルと思ってくれるひとがいる限りアイドルでいたい」、草なぎさんは「この番組をやったことで自分の違う扉が確実に開いた。いまの僕はアイドルじゃないかもしれない」と、それぞれ語っていた。

ネットでは「3人の真面目な話しを聞けた事はよかった」「マチャアキさんも気にかけててくれたんだ」「すごい深くていい話聞けたと思う」「大御所がちゃんとみていてくれてるのも嬉しい」など、芸能界の大先輩・堺さんから3人への熱いエールに感動のツイートが続々投稿されていた。

《笠緒》

この記事の写真

/

特集

友だち追加