染谷将太主演『空海』、物語の全容が明らかになる予告編到着

映画 洋画ニュース

『空海-KU-KAI-』(c)2017 New Classic Media,Kadokawa Corporation,Emperor Motion Pictures,Shengkai Film
『空海-KU-KAI-』(c)2017 New Classic Media,Kadokawa Corporation,Emperor Motion Pictures,Shengkai Film 全 6 枚 拡大写真
ベストセラー作家・夢枕獏の小説を原作に、若き天才僧侶・空海役に海外作品初主演となる染谷将太を迎え贈る『空海-KU-KAI-』。この度、11月23日(木・祝)より全国の劇場にて上映予定となっている、本作の予告編が到着した。

>>あらすじ&キャストはこちらから

先日開催された第30回東京国際映画祭にて行われた、世界初解禁となる約10分間の特別フッテージ上映では、「衣装もセットも全てが美しく、とにかく圧倒された10分間だった!」「真の美を追求した作品。世界中の人が魅了される作品になると思う!」と絶賛された本作。

そんな公開に期待高まる本作から、いままで明かされていなかった物語の全容が明らかになる予告編が解禁。空海役の染谷さんのほか、ホアン・シュアン扮する白楽天、阿部寛扮する阿倍仲麻呂、松坂慶子、火野正平らの姿が映し出される中、染谷さんと阿部さんがセリフを言うシーンも登場している。空海と白楽天が怪奇な事件を紐解くにつれ見えてくる、歴史を揺るがす巨大な謎。楊貴妃の命を案じる阿倍仲麻呂は何を知っていたのか? 絶世の美女・楊貴妃の涙の理由は? 空海と白楽天が辿り着いた真実と、王妃の悲しき運命とは…。


予告編内で使用されている音楽は、『パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』『リクルート』『コンスタンティン』などの世界的大ヒット作品の楽曲制作にも携わった、ドイツ出身の作曲家クラウス・バデルトが担当している。

『空海-KU-KAI-』は2018年2月24日(土)より全国東宝系にて公開。

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加