【本日レディースデー】人気映画をオトクに!映画館でゆっくり観たいおすすめ4選

最新ニュース スクープ

『グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル』 (C)2016 Tangaro ーShoot again productions ー MK2 ー Sons of Manual ー Metafilms
『グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル』 (C)2016 Tangaro ーShoot again productions ー MK2 ー Sons of Manual ー Metafilms 全 28 枚 拡大写真
本日水曜日は週に1度の映画レディースデー! 関東は暖かく晴れ、枯れ葉も目立ち秋を感じられる陽気に。お出かけ日和の本日は、映画館でゆっくり映画鑑賞はいかが。それでは、編集部おすすめの4作品をご紹介。

■どちらも不完全で愛おしい恋人…『南瓜とマヨネーズ』



『南瓜とマヨネーズ』(C)魚喃キリコ/祥伝社・2017『南瓜とマヨネーズ』製作委員会
>>『南瓜とマヨネーズ』あらすじ&キャストはこちら

魚喃キリコ原作の漫画を映画化したもので、恋人がいながらも過去の恋愛を想わずにはいられないツチダを主人公に、ヘルシーに病んだ人々によるどこか甘酸っぱく、ノスタルジックな恋愛模様が描かれる。そこに映るのは正解や間違いなどではなく、ありのままの姿。ふと我に返ったときにまた観たくなる作品。

■直球ラブストーリー×弓道が新鮮!…『一礼して、キス』



『一礼して、キス』 (C)2017加賀やっこ・小学館/「一礼して、キス」制作委員会
>>『一礼して、キス』あらすじ&キャストはこちら

「CanCam」専属モデルで女優の池田エライザと、「動物戦隊ジュウオウジャー」の“レッド”で注目を集めた中尾暢樹が、加賀やっこ原作の大ヒット弓道恋愛漫画「一礼して、キス」の実写映画化。ドキドキ感いっぱいのキラキラした恋愛を描きながら、日本武道の中で最も静的で清廉な“弓道”シーンを躍動的に映像で表現!

■エマ・ワトソンが生活をSNSで24時間シェア…『ザ・サークル』



(C)『ザ・サークル』 (C)2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.
>>『ザ・サークル』あらすじ&キャストはこちら

エマ・ワトソンとトム・ハンクスの豪華共演で、現代人とは切っても切り離せないSNSの行き過ぎた脅威を描いていく本作。「いいね!」を過剰に求める現代社会に生きる人々に突き刺さる“リアルな恐怖感”が味わえるかも。

■グザヴィエ・ドランの素顔に迫る…『グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル』



『グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル』 (C)2016 Tangaro ーShoot again productions ー MK2 ー Sons of Manual ー Metafilms
>>『グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル』あらすじ&キャストはこちら

19歳で自ら主演を務め『マイ・マザー』の監督・脚本としてデビュー。これまでに、『胸騒ぎの恋人』『わたしはロランス』『トム・アット・ザ・ファーム』『Mommy/マミー』『たかが世界の終わり』と6本の長編映画の監督を務め、各国映画祭では様々な賞を受賞、世界中の映画人から熱い注目を集める「美しきカリスマ」グザヴィエ・ドラン。その若き天才の秘密、“ドランワールド”の全貌を余すことなく見せるファン必見のドキュメンタリー。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加