コリン・ファレル×ニコール・キッドマンが夫婦役! カンヌ脚本賞受賞作『聖なる鹿殺し』来春公開

映画 洋画ニュース

『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』(C)2017 EP Sacred Deer Limited, Channel Four Television Corporation, New Sparta Films Limited
『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』(C)2017 EP Sacred Deer Limited, Channel Four Television Corporation, New Sparta Films Limited 全 4 枚 拡大写真
第70回カンヌ国際映画祭にて脚本賞を受賞した、『ロブスター』のヨルゴス・ランティモス監督最新作『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』が、来年3月3日(土)より日本公開されることが決定した。

心臓外科医スティーブンは、美しい妻と健康な2人の子どもに恵まれ郊外の豪邸に暮らしていた。しかし、彼らの特権的な生活は、ある少年を家に招き入れたときから奇妙なことが起こり始める。子どもたちは突然歩けなくなり、目から赤い血を流す。そしてスティーブンはついに容赦ない選択を迫られることになる…。

『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』(C)2017 EP Sacred Deer Limited, Channel Four Television Corporation, New Sparta Films Limited
本作は、『籠の中の乙女』で第62回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門グランプリ受賞、続くコリン・ファレルやレイチェル・ワイズら人気俳優が集結した『ロブスター』では、第68回カンヌ国際映画祭「審査員賞」を見事受賞し、本作でカンヌ映画祭3度目の受賞となったランティモスの監督・脚本による最新作。

主人公を演じるのは、前作『ロブスター』に続き、監督と再び組んだコリン・ファレル。『ロブスター』では結婚できずメタボで冴えない中年男を演じたが、本作ではあることをきっかけに少年に追い詰められる心臓外科医スティーブンを演じる。

また彼の美しい妻には、オスカー女優のニコール・キッドマン。謎の少年役を、『ダンケルク』で兵士の救出に向かう民間の船に乗り込む正義感の強い少年を演じ、注目を集めた期待の新星バリー・コーガンが演じる。

『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』(C)2017 EP Sacred Deer Limited, Channel Four Television Corporation, New Sparta Films Limited
なお、本作の「選べるオリジナルクリアファイル付き前売券」が発売。新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか公開劇場の窓口で販売される(数量限定)。

『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』は2018年3月3日(土)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて公開。

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加