都心&手ぶらで憧れのグランピングを体験!豊洲「WILD MAGIC」で女子会をやってみた

最新ニュース レポート

豊洲「WILD MAGIC」エントランス(モデル:土山茜、中村裕香里 撮影:シネマカフェ編集部 撮影協力:「WILD MAGIC -The Rainbow Farm-(ワイルドマジック レインボーファーム)」)
豊洲「WILD MAGIC」エントランス(モデル:土山茜、中村裕香里 撮影:シネマカフェ編集部 撮影協力:「WILD MAGIC -The Rainbow Farm-(ワイルドマジック レインボーファーム)」) 全 22 枚 拡大写真
最近、流行に敏感な女子たちの間で話題の「グランピング」

グランピングは“glamourous”(魅惑的な)と“caming”を掛け合わせた造語で、言葉の通りラグジュアリーな空間で、自然体験を楽しむこと。「アウトドアに興味あるけど、準備が大変そう」「私にはハードルが高い」という人でも、自然の中で気軽に優雅な体験ができることから、若い女性たちにも実践者が急増中!

そこで今回は都心にあり、手ぶらでもグランピング気分が味わえる、東京・豊洲にある「WILD MAGIC -The Rainbow Farm-」(ワイルドマジック レインボーファーム)を体験するべく、編集部含め全くの“アウトドア初心者”4名が潮風香る豊洲に乗り込み、女子会に挑戦してみました!

◆日帰り&手ぶらでグランピング体験!



豊洲「WILD MAGIC」エリア写真/(撮影:シネマカフェ編集部 撮影協力:「WILD MAGIC -The Rainbow Farm-(ワイルドマジック レインボーファーム)」)
ゆりかもめ新豊洲駅から徒歩1分。東京湾沿いに林立するビル群をバッグに、特徴的な生成りのティピーテントが並ぶ、異彩を放つ一帯が本日の会場「WILD MAGIC」(以下WM)。

まずは受付&リストバンドをGet!



リストバンドをGET!(モデル:土山茜、中村裕香里 撮影:シネマカフェ編集部 撮影協力:「WILD MAGIC -The Rainbow Farm-(ワイルドマジック レインボーファーム)」)
まずはトレーラーハウス型のレセプションで受付。今回は会場内にある7つのエリアの中から、「FIRE PIT AREA」と「平日限定女子パプラン」(※1)を指定したので、エリア別、フリードリンク2色のリストバンドを受け取りました。リストバンドを付けるあたりが、野外フェスっぽくてグッド!
(※1)一名6480円で食材、BBQセット、3h飲み放題付き

本格的なテントに、大きな焚き火スペース



「FIRE PIT AREA」の焚き火スペース(撮影:シネマカフェ編集部 撮影協力:「WILD MAGIC -The Rainbow Farm-(ワイルドマジック レインボーファーム)」)
「FIRE PIT AREA」は、中央に大きな焚き火スペースがあり、秋冬の寒い時期でも暖を取ることが可能。エリア内の空いているテントから好きな場所を選びます。今回は海沿いのひとつを確保!

「FIRE PIT AREA」のテント(撮影:シネマカフェ編集部 撮影協力:「WILD MAGIC -The Rainbow Farm-(ワイルドマジック レインボーファーム)」)
ウッドデッキにテーベルやベンチ、タープ、ティピ(テント)、球体型のWEBER社製BBQグリルが常設手ぶらで、ハイヒールを履いて来ても快適に過ごせます(笑)。(ちなみに慣れている方は、テントの装飾&フードを持参してオリジナルな楽しみ方をしていました。)WMスタッフさんに食材をご用意していただいている間、一同はドリンクを取りに「THE RAINBOW BAR」ヘレッツゴー。

ドリンクカウンターで早速注文!



「THE RAINBOW BAR」(撮影:シネマカフェ編集部 撮影協力:「WILD MAGIC -The Rainbow Farm-(ワイルドマジック レインボーファーム)」)
BBQに欠かせないドリンク。バーカウンターでキャッシュ(ここではリストバンド)オン! というのがWMスタイル。飲み放題プランなので、飲み過ぎに注意ですね!

ドリンクををGET!(モデル:土山茜、中村裕香里 撮影:シネマカフェ編集部 撮影協力:「WILD MAGIC -The Rainbow Farm-(ワイルドマジック レインボーファーム)」)
野外で飲むカクテルは格別。ロケーションと天気の良さも手伝ってテンションもアガりまくり!

オシャレなソファでのんびり女子トーク



ソファでのんびり(モデル:土山茜、中村裕香里 撮影:シネマカフェ編集部 撮影協力:「WILD MAGIC -The Rainbow Farm-(ワイルドマジック レインボーファーム)」)
会場にはこのようなアットホームな空間もあるのです! お家のリビングのような、スタイリッシュなインテリアに囲まれた空間を自然の中に持ち込む、というのもグランピングの源流のひとつ。ソファで寛ぎながらおしゃべりしていると、屋外ということをすっかり忘れちゃいそう。

早速フードの準備をスタート!



BBQ風景(モデル:土山茜、中村裕香里 撮影:シネマカフェ編集部 撮影協力:「WILD MAGIC -The Rainbow Farm-(ワイルドマジック レインボーファーム)」)
ゆっくりしているうちに食材と着火の準備が完了(食材は準備していただけますが、炭から火を起こすのは基本的には自分たちで行います)。通常のBBQなら野菜を洗って切って…とバタバタするところですが、既にカットされている彩りのよい野菜に串を刺していくだけなので楽チンです。

BBQ風景(モデル:土山茜、中村裕香里 撮影:シネマカフェ編集部 撮影協力:「WILD MAGIC -The Rainbow Farm-(ワイルドマジック レインボーファーム)」)
まずは野菜から焼きます。「炭の上は高温なので避けてください」というWMスタッフさんの指示通りに慎重に置きます。何をするにも初めての経験なのでドキドキ。

豪快なお肉(撮影:シネマカフェ編集部 撮影協力:「WILD MAGIC -The Rainbow Farm-(ワイルドマジック レインボーファーム)」)
お次は分厚い大きなお肉。こちらは、炭の上で焦げ目をつけてから中火ゾーンに移すとよいのだとか。私たちだけでは火が弱くなってしまい、なかなか焼き上がらなかったので、WMスタッフさんに手伝っていただきました。炭を扱うのって難しいんですね…。(グループでBBQするときは男子が率先して火の番をしてくれるので、苦労を初めて知りました(一同))。

料理完成!盛り付けて乾杯



料理完成!(モデル:土山茜、中村裕香里 撮影:シネマカフェ編集部 撮影協力:「WILD MAGIC -The Rainbow Farm-(ワイルドマジック レインボーファーム)」)
焼けました!! 最初はグリルの蓋を閉め、いくら待ってもスンとも言わなかったお肉がジュウジュウと音を立てて香ばしく焼けたときの喜びはひとしおです。

料理が完成!ビールで乾杯(モデル:土山茜、中村裕香里 撮影:シネマカフェ編集部 撮影協力:「WILD MAGIC -The Rainbow Farm-(ワイルドマジック レインボーファーム)」)
お待ちかね、ビールで乾杯! サーロインステーキとローストポークステーキを食べやすくカットし、ランチボックスに入れました。オリジナルシーズニングをつけていただきます。

「WILD MAGIC -The Rainbow Farm-(ワイルドマジック レインボーファーム)」
ちなみにこの後ビールの蒸気でジューシーにグリルする「ビアカンチキン」と、定番のマシュマロも焼きました!

食事の後は焚き火でまったり


焚火に当たりながらのんびり(モデル:土山茜、中村裕香里 撮影:シネマカフェ編集部 撮影協力:「WILD MAGIC -The Rainbow Farm-(ワイルドマジック レインボーファーム)」)
お腹がいっぱいになったら焚き火でまったり。11月のアウトドアにしては若干薄着の装備で来てしまい、ベイエリアということもあって風も強めに吹いていましたが、晴天と、この「Fire Pit」のおかげでポカポカと暖かく、最高に気持ちのよい女子会でした!

◆必見!「WILD MAGIC」フォトジェニックスポット


「WILD MAGIC」ではBBQだけでなく、オシャレな会場ならではの“フォトスポット”が沢山。

例えば会場の壁にはレインボーの羽などが描かれたグラフィティがあり、こちらで撮影・インスタ風に加工すると…


こんな風にオシャレな写真が撮れてしまいます!

ほかにも、アメリカの西海岸を感じさせるようなインスタ映え抜群のWMにある、編集部オススメのフォトジェニックスポットをご紹介!

1.THE RAINBOW BAR


「THE RAINBOW BAR」(撮影:シネマカフェ編集部 撮影協力:「WILD MAGIC -The Rainbow Farm-(ワイルドマジック レインボーファーム)」)

2.ウッドリビング・クリスマスヴァージョン


「ウッドリビング・クリスマスヴァージョン」(撮影:シネマカフェ編集部 撮影協力:「WILD MAGIC -The Rainbow Farm-(ワイルドマジック レインボーファーム)」)

3.エントランス


豊洲「WILD MAGIC」エントランス(モデル:土山茜、中村裕香里 撮影:シネマカフェ編集部 撮影協力:「WILD MAGIC -The Rainbow Farm-(ワイルドマジック レインボーファーム)」)

4.Sing


「Sing」(撮影:シネマカフェ編集部 撮影協力:「WILD MAGIC -The Rainbow Farm-(ワイルドマジック レインボーファーム)」)

5.翼のグラフィティ


「翼のグラフィティ」(撮影:シネマカフェ編集部 撮影協力:「WILD MAGIC -The Rainbow Farm-(ワイルドマジック レインボーファーム)」)

◆キャンプ初心者でも、まずは気軽なグランピングからトライ


グランピングは、とにかく参加者がくつろぎ、自然に癒され、洗練された空間で快適に過ごすことが大切。そしてリラックスした状態でお酒を飲んだり、美味しい料理を食べることは格別です。日本でもリゾート地まで足を運べば極上のグランピング体験ができる施設はたくさんありますが、まずは都心で気軽に非日常感の味わえるWMからトライしてみるのもいいかもしれません。インスタ映えするフォトジェニックスポットがあるのも女子には嬉しいポイントです。

夜はライトアップされてロマンチックな雰囲気



夜も雰囲気抜群。「WILD MAGIC -The Rainbow Farm-(ワイルドマジック レインボーファーム)」夜も雰囲気抜群。「WILD MAGIC -The Rainbow Farm-(ワイルドマジック レインボーファーム)」
夜はライティングされ、昼とはまた違ったロマンチックな雰囲気に。クリスマスや特別な日に向けて、いつもと違ったプランを立ててみてはいかが。

■施設概要
「WILD MAGIC -The Rainbow Farm-」(ワイルドマジック レインボーファーム)
住所:東京都江東区豊洲6-1-23
営業時間:10:00~22:00
プラン:「平日女子パプラン!!」(食材、BBQセット、3h飲み放題セットで6480円)
公式サイト:https://wildmagic.jp




撮影・取材協力:「WILD MAGIC -The Rainbow Farm-」
(Model:中村裕香里、土山茜 撮影:シネマカフェ編集部)

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加