キスマークの正体は宮沢氷魚&堀田茜ら!山崎賢人主演「トドメの接吻」に参戦

最新ニュース スクープ

宮沢氷魚&堀田茜&唐田えりか&山本亜依
宮沢氷魚&堀田茜&唐田えりか&山本亜依 全 20 枚 拡大写真
山崎賢人の主演発表から、門脇麦、新田真剣佑、新木優子、佐野勇斗という豪華出演者がキスリレーで明らかにされた1月期日曜ドラマ「トドメの接吻(キス)」。このほど、先日、新たに公開された4つのキスマークが、それぞれ宮沢氷魚、堀田茜、唐田えりか、山本亜依のものであることが分かった。

山崎さんが“カネの切れ目が縁の切れ目”で女を弄ぶナンバーワンホストという、かつてない主人公・堂島旺太郎を演じる本作。彼のターゲットとなる社長令嬢を新木さん、彼女の兄を新田さん、2人の幼馴染である御曹司を佐野さん、そして、“死の接吻”により旺太郎にタイムリープをもたらす謎のキス女を、門脇さんが演じることでも話題を呼んでいる。

“4つのキスマーク”の正体判明!“キスの音=キスボ”も公開に!


今回は、先週公開された共演者による“4つのキスマーク”の正体が、「コウノドリ」で俳優デビューした「メンノン」モデル・宮沢氷魚(布袋道成役)、「CanCam」モデルの堀田茜(森菜緒役)、東出昌大主演『寝ても覚めても』でヒロインに抜擢された唐田えりか(青田真凛役)、元「AKB48」で女優に転身した山本亜依(小柳奈々子役)であることが判明。さらに光石研、奥貫薫、岡田義徳、弓削智久、山田明郷、高橋ひとみ、小市慢太郎といった個性豊かな実力派たちが脇を固めることも発表された。

そして今週は、番組HPにて“キスの音=キスボ”が公開に! その主は、山崎さん演じる旺太郎の同僚で、ホストクラブ「ナルキッソス」で働く“可愛い後輩ホスト”・小山内和馬役を演じる俳優だという。彼はタイムリープを繰り返す旺太郎のよき理解者であり、協力者となるというが…。

“キスボ”の主はいったい誰なのか、期待しながら待っていて。

明らかになったキャラクター


■堂島旺太郎/山崎賢人 「カネがないならサヨウナラ」

「トドメの接吻」山崎賢人
ホストクラブ「ナルキッソス」のナンバーワンホスト。イケメンなのはもちろん、気配り上手の優しい男だが、それは表の顔。裏の顔は、カネと権力だけを追い求める“クズ男”。12年前、ある事件をきっかけに誰も愛そうとはしなくなった。

■キスで殺す女/門脇麦 「アナタ、死ぬ」

「トドメの接吻」門脇麦
旺太郎の前に突如現れた“キスで殺す女”。クリスマスイブの夜に、サンタクロースの恰好をして現れる。巷では「嫉妬に狂った女が自分の唇に毒を塗ってキスで殺した」という事件が勃発し…。逃げる旺太郎をどこまでも追いかけてくる。

■並樹尊氏/新田真剣佑 「妹は必ず守ってみせる」

「トドメの接吻」新田真剣佑
旺太郎の人生のライバルとなる“完璧紳士の御曹司”。日本企業トップのホテル王・並樹グループの御曹司であり、旺太郎が狙う社長令嬢の兄。並樹が経営する乗馬倶楽部の部長を務めている。しかし、彼には家督を巡るある秘密が隠されている。

■並樹美尊/新木優子 「本当の愛が知りたいの」

「トドメの接吻」
旺太郎が人生で最も理想とするカネと権力を持った“セレブな社長令嬢”。日本企業トップのホテル王・並樹グループの令嬢であり、尊氏の妹。何不自由なく育ったためワガママなところもあるが、とても素直な性格。完璧な兄がいつも傍にいるせいで、同年代の男には全く興味が持てない。

■長谷部寛之/佐野勇斗 「ホストなんかに負けてたまるか」

「トドメの接吻」
大手クルーズ会社の御曹司で“美尊に恋するお坊ちゃま”。尊氏、美尊とは幼馴染。美尊には相手にされていないが、周囲の人々は彼女に付き合えるのは寛之くらいではと思っている。美尊にちょっかいを出してくる旺太郎にライバル心をむき出しにする。

■布袋道成/宮沢氷魚

「トドメの接吻」布袋道成役 宮沢氷魚
■森菜緒/堀田茜

「トドメの接吻」森菜緒役 堀田茜
■青田真凛/唐田えりか

「トドメの接吻」青田真凛役 唐田えりか
■小柳奈々子/山本亜依

「トドメの接吻」小柳奈々子役 山本亜依
日曜ドラマ「トドメの接吻」は2018年1月7日(日)より毎週日曜22時~日本テレビ系にて放送(初回30分前拡大)。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加