佐々木希、“痛男”岡田将生にすがりつくも…『伊藤くん A to E』本編映像

映画 邦画ニュース

『伊藤くん A to E』(C)「伊藤くん A to E」製作委員会
『伊藤くん A to E』(C)「伊藤くん A to E」製作委員会 全 9 枚 拡大写真
柚木麻子の小説を原作に、関わる女たちの人生を翻弄する前代未聞の“痛男”を岡田将生、彼の存在に迫っていく落ち目の脚本家を木村文乃が演じ実写化する『伊藤くん A to E』。この度、“痛男”にふり回されていく女たちのひとりを演じる、佐々木希の本編映像が到着した。

>>あらすじ&キャストはこちらから

容姿端麗だが自意識過剰で無神経すぎる、“痛男”伊藤誠二郎(岡田さん)に人生をふり回される【A~D】の女たちの姿が描かれる本作。今回到着した映像は、その中でも佐々木さんが演じる【A】の女・島原智美が登場。

智美は誰もが認める才色兼備の女性でありながら、5年間一方的に付き合っていると信じ込んでいる“伊藤くん”と一度もSEXをしたことがなく、いつもぞんざいに扱われてしまっているという切ない役どころ。いつも伊藤の気まぐれにふり回されうんざりしながらも、たまに呼び出されるたびに「もしかしたら…」と期待してしまう典型的な“都合のいい女”だ。

『伊藤くん A to E』(C)「伊藤くん A to E」製作委員会
演じている佐々木さんは、「世界で最も美しい顔100人」ランキングに6度ランクインし、世界も認める美女。映像には、そんな佐々木さんが上目遣いでホテルに誘うも断られ、最後にはダッシュで逃げられてしまうという、ほかでは決して見ることの出来ない姿が収められている。


久々に伊藤に呼び出されたことにはしゃいで飛んでいく智美だったが、連れていかれたのはラーメン屋。その上、彼に「好きな人ができたから応援してくれ」と言われてしまい、ただの都合のいい女でしかなかったことをようやく自覚。そこで、伊藤に尽くしてきた5年間が無駄でなかったことを証明するため、意地でも伊藤に抱いてもらおうと捨て身の覚悟で伊藤にすがるのだが…と、智美の痛々しくも切実な想いがこのシーンから感じ取れる。

『伊藤くん A to E』(C)「伊藤くん A to E」製作委員会
『伊藤くん A to E』は2018年1月12日(金)より全国にて公開。

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加