【シネマカフェ的海外ドラマvol.373】2017年日本初上陸を果たしたオススメ作品10選!

海外ドラマ コラム

「ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~」 (c) 2017 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.
「ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~」 (c) 2017 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and all related programs are the property of Home Box Office, Inc. 全 9 枚 拡大写真
2017年も残すところあとわずかということで、“2017年に日本初上陸を果たしたオススメ海外ドラマ10選”をお届け。放送・配信など視聴方法は問わず、新旧も問わず、連続ドラマかリミテッドシリーズかといった作品形態も問わず。シリーズの第1話が日本で初めて観られるようになった作品の中から、10本のオススメを順不同でご紹介します。





1.「ヤング・ポープ 美しき異端児」Huluほか配信中





ジュード・ロウが米国人初のローマ教皇ピウス13世(架空の人物)を好演。複雑な内面と自他共に認める外見の美しさで周囲を翻弄する様が芸術的で、こんなジュードが見たかった! というより、彼にしか演じられない役。パオロ・ソレンティーノが全話を監督。

2.「グッド・プレイス」Netflixにて配信中




性悪な主人公エレノアが死んで地獄行き…と思いきや、手違いで天国のような“グッド・プレイス”へ。自身と向き合いながら、“バッド・プレイス”行きを免れようとするコメディ。ポップな映像世界、さり気なく心を揺さぶる展開、本音全開の登場人物たちが最高。

3.「ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~」Hulu、Amazonビデオほか配信中



「ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~」 (c) 2017 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.
西海岸の高級住宅地で起きた死亡事件に前後し、住民たちの事情が明かされていくヒューマンミステリー。体当たりのニコール・キッドマンからDV夫役アレクサンダー・スカルスガルドまでキャストが超豪華。全話を監督したジャン=マルク・ヴァレの画作りが秀逸。

4.「ブルックリン・ナイン-ナイン」Netflixにて配信中




ブルックリン99分署の刑事たちが気合十分で捜査に励んだり、署内の仲間たちとハチャメチャな日常を送ったり。2014年度ゴールデン・グローブ賞作品賞受賞コメディが、シーズン3までようやく上陸。登場人物たちが素敵過ぎて、観れば必ず99分署に勤務したくなる。

5.「THIS IS US 36歳、これから」毎週日曜23:00~NHK総合にて放送中



TM & (c) 2016-2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. 「This is US 36歳、これから」Artwork (c) 2016-2017 NBCUniversal Media, LLC. All rights reserved.
キャリアに行き詰まったイケメン俳優、自信を失いがちな肥満女性、生真面目なエリートサラリーマンら、悩める36歳の人生の物語が展開。ストレートな人間ドラマでありながら詳細に触れるとネタばれになる…という巧みな構成と、号泣必至のストーリーが胸を打つ。

6.「ゴッドレス -神の消えた町-」Netflixにて配信中




大悪党の支配下を逃れたガンマンが、鉱山事故で男性の大半が死亡した町に行き着く西部劇。『LOGAN/ローガン』の脚本家スコット・フランクが全話の監督&脚本を手掛け、いま最も大画面で観たいドラマ世界を構築。ガンマン役ジャック・オコンネルの魅力も炸裂。

7.「レギオン」デジタル配信中



「レギオン」
『X-MEN』シリーズに登場するプロフェッサーXの息子が、自身のルーツを巡る戦いを開始。シュールでお茶目でスパイシーなストーリーといちいちスタイリッシュな映像に中毒性あり。主人公デヴィッドを演じるのは「ダウントン・アビー」のダン・スティーヴンス。

8.「マインドハンター」Netflixにて配信中



Netflixオリジナルドラマ「マインドハンター」10月13日 (金) より全世界同時オンラインストリーミング
犯罪プロファイリングが確立していない1970年代に、連続殺人犯の心理を探ろうとするFBI捜査官たちが奮闘。計算され尽くした会話劇とデヴィッド・フィンチャーらしい低温の映像世界が絡み合う中、純粋ゆえに危うい主人公の捜査官をジョナサン・グロフが好演する。

9.「iゾンビ」Netflixにて配信中




ゾンビになってしまった検視官リヴが、遺体の脳ミソを食べて被害者の記憶を探りながら事件を捜査。全米ではシーズン3まで放送済みのゾンビドラマが、シーズン1のみようやく日本上陸。スリリングなゾンビドラマでありながら、恋あり、青春あり、ユーモアあり。

10.「13の理由」Netflixにて配信中



Netflixオリジナルドラマ「13の理由」
自殺した女子高生に想いを寄せていた少年が、彼女が生前に残したメッセージから“13の理由”をたどっていく青春ドラマ。思春期のきらめきが残酷な武器へと変わる青春描写とミステリータッチの構成で話題沸騰。2017年度最も胸をえぐってきたシリーズの1つ。

皆さんの2017年を彩った海外ドラマは何でしょうか? 2018年も素敵な作品にたくさん出会えることを期待しつつ…、海外ドラマと共によいお年を!

《text:Hikaru Watanabe》

この記事の写真

/

特集

友だち追加