世界が期待している“2018年公開映画”ランキング、1位は『アベンジャーズ』最新作

最新ニュース ゴシップ

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』スタッフ&キャスト陣-(C)Getty Images
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』スタッフ&キャスト陣-(C)Getty Images 全 17 枚 拡大写真
月間のユニークユーザーは公称250憶人、映画・テレビの情報サイトとして世界最大の規模を誇る「IMDb.com」が、ユーザーが2018年に最も期待している映画をランキング形式で発表した。2018年にアメリカ国内での公開が予定されている作品ページへのアクセス数を分析したという。

1位は『アベンジャーズ』シリーズ第3弾となる『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』。『アイアンマン』、『スパイダーマン』、『キャプテン・アメリカ』、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』などのマーベル映画のヒーローたちが大集結するこの作品に、世界中が注目しているようだ。

2位以下は下記の通り。

2位『ブラックパンサー』

3位『Deadpool 2』(仮題)

4位『ジュラシック・ワールド/炎の王国』

5位『トゥームレイダー ファースト・ミッション』

6位『パシフィック・リム:アップライジング』

7位『The Predator』(原題)

8位『Ocean’s Eight』(原題)

9位『Mission: Impossible 6』(原題)

10位『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』


また、「IMDb.com」は、2017年にアメリカで公開された映画で、ユーザーアクセス数が多かった作品のランキングも発表した。

1位『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』

2位『ワンダーウーマン』

3位『美女と野獣』

4位『LOGAN/ローガン』

5位『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

6位『ジャスティス・リーグ』

7位『スプリット』

8位『エイリアン:コヴェナント』

9位『マイティ・ソー バトルロイヤル』

10位『ブレードランナー 2049』

《Hiromi Kaku》

『美女と野獣』

好きなキャラクターは?

この記事の写真

/

特集

友だち追加