アベンジャーズの生みの親“サンタ”・リーからプレゼント!名シーン満載の特別映像

映画 洋画ニュース

» アカデミー賞ノミネート作品を劇場で観よう! ムビチケ15,000円分プレゼントキャンペーン
『アベンジャーズ』よりTM & (C) 2012 Marvel
『アベンジャーズ』よりTM & (C) 2012 Marvel 全 4 枚 拡大写真
映画史に残る破格のメガ・ヒットを続ける『アベンジャーズ』シリーズの待望の最新作『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』。このほど、「アベンジャーズ」の生みの親でもあるコミックスの原作者スタン・リーこと“サンタ・リー”から、日本のファンにクリスマスプレゼントが到着! それぞれのヒーローの原点に立ち返る、マーベル作品の名シーンが詰まった特別映像が届いた。

>>あらすじ&キャストはこちらから

史上最強を超える敵サノスによって窮地に陥った世界を救うため、前代未聞となるオールスター・ヒーローが集結する本作。アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー、ハルクらお馴染みのメンバーはもちろん、銀河のはみ出し者“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”や、新ヒーローのブラックパンサー、さらにあのスパイダーマンやドクター・ストレンジの参戦も決定。“最強たち”の究極の戦いをドラマチックに描き出す。

先日解禁された待望の予告編映像は、日本を始めとする世界各国からのアクセスが集中。24時間で2億回再生を突破、2億3,000万回という史上初の数値を叩き出し、映画史を塗りかえた。もちろん日本でも、Twitterのトレンドには瞬く間にアベンジャーズ関連のワードが上位にあがり、驚くべき盛り上がりをみせている。

その興奮冷め止まぬまま世界最大級のポップカルチャーイベント「東京コミコン」が12月頭に開催。初のマーベルブース出展ということで注目を集めていたが、イベント当日はこの日を待っていましたとばかりにマーベルキャラクターに扮したコスプレイヤーが会場を盛り上げ、ステージ上で『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の予告編が流れると、大きな歓声と拍手が沸きあがっていた。

そんな中、“サンタ・リー”が誘うのは、2008年の『アイアンマン』から今年公開された『ドクター・ストレンジ』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』まで、マーベル人気作品の傑作シーンが次々と映し出され、初めて作品を観たときの感動が思わず蘇る特別映像。


キャプテン・アメリカに変貌を遂げる以前の華奢なスティーブの姿から始まり、アイアンマン、ハルク、ソー、アントマンをはじめとする主役級ヒーローの原点が紹介され、「なぜ彼らはヒーローと呼ばれるようになったのか」「最強チーム“アベンジャーズ”がなぜ必要とされるのか」が描かれる。かつてスタン・リー自身がマーベルヒーローについて「彼らはヒーローである前に、1人の人間なのだ」と語ったように、ヒーローが持つ人間性、彼らの意志や思いが伝わる映像となっている。

次々に集結する最強ヒーローたちの映像の最後に、満を持して登場するのは最強の敵・サノス。「戦争を始めるがよい」というセリフに、最新作への期待感を煽られること間違いなし。本映像をチェックして、謎多き『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に備えてみて。

『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』は2018年4月27日(金)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加