イ・ビョンホン、悪の魅力封印! これまでのイメージ覆す場面写真公開『エターナル』

韓流・華流 スクープ

『エターナル』(C)2017 WARNER BROS PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED
『エターナル』(C)2017 WARNER BROS PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED 全 7 枚 拡大写真
日本でも大人気のイ・ビョンホンが主演する最新作『エターナル』の公開日が、来年2月16日(金)に決定。衝撃的なラストは、本年度ナンバーワン・サスペンス映画の呼び名も高い本作から、これまでの作品とは違ったイ・ビョンホンの、“憂い”や“優しい”表情が印象的な場面写真がいち早くシネマカフェに到着した。

>>あらすじ&キャストはこちらから

先日公開された映画『MASTER/マスター』では、韓国犯罪史上最大の金融投資詐欺事件を起こした“犯罪者”に扮しているが、今作ではそんな近年演じてきた「悪の魅力」や「激闘アクション」を完全封印。今回演じているのは、勤務する証券会社の不良債権に巻き込まれ、全てを失ったエリートビジネスマン役。自分のこと以上に妻子の幸せを願っているが、誰も知らない秘密を抱える難しいキャラクターを好演している。

到着した場面写真では、眼鏡にスーツと地味な姿を披露し、これまでのイメージを一気に覆すような表情を見せるイ・ビョンホンの姿を捉えた。まず1枚目は、倒産した証券会社の支店長カン・ジェフン(イ・ビョンホン)が、顧客に対して床に手をつき謝罪する姿。そして、離れて暮らす幼い息子からのメッセージカードを読み、感慨にふける父性愛を感じる姿。

『エターナル』(C)2017 WARNER BROS PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED
「10年ぶりに素晴らしい小説を読んだかのような、心に響く作品」とイ・ビョンホン自身が脚本に惚れ込んだ本作では、複雑な感情を言葉ではなく、表情や視線に映し出したイ・ビョンホン。本作で改めて、高い演技力と幅広い表現力で国際派俳優としての実力を見せつけている。

『エターナル』は2018年2月16日(金)よりTOHOシネマズ 新宿ほか全国にて公開。

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加