高橋一生&斎藤工、父が亡くなって明かされる空白の13年間…『blank13』本予告

映画 邦画ニュース

『blank13』(C)2017「blank13」製作委員会
『blank13』(C)2017「blank13」製作委員会 全 3 枚 拡大写真
放送作家・はしもとこうじの実話を基に、高橋一生、松岡茉優、リリー・フランキーらを迎え家族の物語を描く、齊藤工監督作『blank13』。ゆうばり国際ファンタスティック映画祭「ゆうばりファンタランド大賞」受賞を皮切りに、世界中の映画祭を席巻中と話題の本作から、新たな予告映像が公開された。

>>あらすじ&キャストはこちらから

到着した映像では、幼少期のコウジが麻雀をしている父(リリー・フランキー)に、作文で賞を獲ったことを嬉しそうに話すシーンからスタート。父親の失踪により日常の生活に不満を持ちながら成長していく家族の姿が映し出されるほか、その後の父親の葬儀では、生前親交のあった知人たちが思い出をふり返り、父親の意外な一面を知ることに。「父のことは大嫌いです。でも…」葬儀を通して父親の知られざる真実を知ったコウジは、最後に何を伝えようとしたのか――? 映像には、コウジ役の高橋さんのほか、彼女役の松岡茉優、兄役の斎藤工、佐藤二朗や伊藤沙莉などの姿も確認することができる。


『blank13』は2018年2月3日(土)よりシネマート新宿にて、24日(土)より全国にて順次公開。

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加