マイケル・ジャクソンの末っ子ブランケット、久しぶりに元気な姿が公開に

最新ニュース ゴシップ

マイケル・ジャクソン-(C)Getty Images
マイケル・ジャクソン-(C)Getty Images 全 8 枚 拡大写真
パリス・ジャクソンがインスタグラムに「ハッピークリスマス」とキャプションを付け、兄のプリンス、弟のブランケット、そして生まれたときからの知り合いで“兄”と慕っているオマール・バティと4人で撮った写真を投稿した。

「E!News」によると、パリスとプリンスのツーショットでさえ珍しいのに、そこに2009年にマイケル・ジャクソンが亡くなって以来メディアと遠ざかっているというブランケットが加わった写真が公開されるのは非常にレアだという。現在15歳のブランケットは、2002年にマイケルと名前の明かされていない代理母の間に生まれた。現在は87歳の祖母キャサリン・ジャクソンの邸宅からロサンゼルスの私立校に通学しているそうだ。

happy christmas from ours to yours #brahdas

Paris-Michael K. Jackalopeさん(@parisjackson)がシェアした投稿 -


写真に写るブランケットは、マーベルのTシャツにハーフパンツ、髪型は昔から変わらずの漆黒のロングヘア。しかし、2009年にマイケルが亡くなってから8年が経過し、きょうだいの中で身長は最も高く成長しているようだ。

ブランケットはメディアから遠ざかっているが、パリス、プリンスとの仲は良好。10月にプリンスがテレビ番組「Today」に「ぼくときょうだいたちはすごく仲がいいんだ」と語っている。

《Hiromi Kaku》

この記事の写真

/

特集

友だち追加