リアーナ悲痛…クリスマスに会ったばかりのいとこが殺害

最新ニュース ゴシップ

リアーナ-(C)Getty Images
リアーナ-(C)Getty Images 全 4 枚 拡大写真
リアーナがSNSで衝撃的な事件をシェアした。クリスマスに会ったばかりといういとこが殺害されたというのだ。「安らかに眠ってね…信じられない、昨日の夜、あなたを腕に抱いたのに! あれが最後になるだなんて想像もしなかった。あなたの温もりをいまだに感じるわ。ずっと愛しているからね」と悲しみを語っている。また、「#endgunviolence」(銃による暴力を終わらせよう)というハッシュタグを添え、銃規制も訴えた。


「Us Weekly」によれば、26日(現地時間)、わずか21歳の若さだったいとこのタヴォンさんが、リアーナの故郷バルバドスの自宅近くの路上で近寄ってきた男から何発もの銃弾を浴びて殺害されたという。現在、地元当局が犯人を捜索中。

リアーナとタヴォンさんはとても仲が良かったようで、今年2月のリアーナの誕生日にはタヴォンさんがSNSで心温まるメッセージを贈っていた。「毎日、ぼくらの人生にきみがいることを幸せに感じるよ。お誕生日おめでとう、リアーナ。大好きだよ。きみの存在はぼくの喜びと幸せの源だ。大好きないとこの夢と願い事が叶いますように」。

今年バルバドスでは特に銃に関連した事件が多発。司法長官のアドリエル・ブラスウェイト氏は、警察がこの問題を効果的に解決するために動いているとコメントしていた。

《Hiromi Kaku》

この記事の写真

/

特集

友だち追加