【ディズニー】35周年イベまであと100日! 記念すべき開園当日の様子をプレイバック!

最新ニュース スクープ

テープカットセレモニー
テープカットセレモニー 全 3 枚 拡大写真
いよいよ2018年4月15日、パーク史上最大の祭典「東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”」が、2019年3月25日までの345日間にわたってスタートする。長い歴史を誇る東京ディズニーリゾート、その最初の第一歩はさかのぼること35年前、1983年4月15日の、東京ディズニーランドの開園だ。そこで35周年のイベント開幕まで100日弱という節目に、東京ディズニーランドの開園日の様子を資料でプレイバックしてみる。

開園日の1983年4月15日、当日の朝5時の天気予報は雨のち曇り、だった。雨が降るなか、パークのゲート前には約3,000人のゲストが並び、そのなかの一番乗りのゲストは、埼玉県から遊びに来たという当時大学生の男性。2日前の4月13日から並んでいたそうだ。

そして8時25分、ドラムロールが鳴り響いて報道陣が見守るなか、ワールドバザール中央にてテープカットセレモニーを実施。ミッキーマウスやミニーマウス、ドナルドダックなどディズニーの仲間たちも、この歴史的瞬間の大切な一員だった。その20分後、開園宣言と同時に報道のフラッシュが一斉にたかれ、セレモニーの盛り上がりは最高潮に達した。

表紙
ほどなく9時00分、東京ディズニーランドがいよいよ開園。あいにくの雨模様だったが、待ちわびたゲストは歓声を上げながらパークへ続々と入園。キャラクターとの記念撮影、お目当てのアトラクションに向かったりする姿は、現在変わらず繰り広げられていたとか。

時代の流れを感じる当時のガイドマップを見てみると、まだ「クリッターカントリー」や「トゥーンタウン」はない頃だ。現在改装のためクローズしている「イッツ・ア・スモールワールド」は、実は開園日に一番多くのゲストがライドしたアトラクション。次の“出航”は、35周年のイベント開始と同じ4月15日。リニューアルのオープンまで間もなくだ。

マップ
14時には、マーチングパレードがスタート。小雨が降っていたものの、小学校や大学、そして社会人による合計12のバンドが参加したマーチングパレードは、盛大に執り行われたそう。夕方頃には、ワールドバザールのショップもお土産を購入するゲストで大にぎわい。そして22時、現在と同じ時刻にパークは閉園時間を迎え、歴史的な一日は幕を閉じたという。そして35年間、すべてのゲストと一緒に歩いてきた東京ディズニーリゾート。その史上最大の祭典“HappiestCelebration!”の開幕まで後100日、もうすぐだ!

※写真はすべてイメージです。過去の取材時に撮影した画像を再利用することがあります。

(C) Disney

《text:cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加