井浦新、2018年も“大人の男の魅力”が止まらない!『光』「アンナチュラル」ほか

映画 邦画ニュース

『光』(C)三浦しをん/集英社・(C)2017『光』製作委員会
『光』(C)三浦しをん/集英社・(C)2017『光』製作委員会 全 6 枚 拡大写真
現在公開中の映画『光』をはじめ、もうすぐスタートするドラマ「アンナチュラル」など、2018年も映画やドラマに立て続けに出演する俳優・井浦新。今回は、大人の男の色気漂う井浦さんの現在公開中、またはこれから公開・放送される出演作をピックアップ!

■「舟を編む」の三浦しをんの小説を、『まほろ駅前』シリーズの大森立嗣監督が映画化した『光』(現在公開中)


井浦さんが主演を務める本作は、恋人を救うため殺人を犯した主人公と、その主人公を慕う虐待を受けていた2人の少年が、津波に巻き込まれたことを機に、住んでいた島を離れバラバラになるが、25年後再会し…と、苛烈な人間ドラマを繰り広げる。

『光』(C)三浦しをん/集英社・(C)2017『光』製作委員会『光』(C)三浦しをん/集英社・(C)2017『光』製作委員会
井浦さんのほかにも、瑛太、長谷川京子、橋本マナミらが共演。また本作は、一般市民が審査を行うことで知られる「第12回ローマ国際映画祭」のオフィシャル・セレクションに公式招待もされた。

■『海辺の生と死』の越川道夫監督最新作『二十六夜待ち』(現在公開中)


震災で何もかもを失い、福島の叔母の工務店に身を寄せる由実は、路地裏にある小さな飲み屋で働くことになる。飲み屋の店主・杉谷は過去の記憶を失っており、覚えていることは手が料理をしていたということだけ。周囲の温かな人々に囲まれながらも、杉谷の心はいつも怯え、自分が何者か分からない孤独を抱え込んでいた。ともに心に傷を抱えた由実と杉谷は、やがて引き寄せ合うように心と体を寄り添わせるようになるが…。

『二十六夜待ち』(C)2017 佐伯一麦/ 『二十六夜待ち』製作委員会『二十六夜待ち』(C)2017 佐伯一麦/ 『二十六夜待ち』製作委員会
井浦さんが飲み屋の店主・杉谷役、『ぼくたちの家族』の黒川芽以が由実役を務めるほか、天衣織女、鈴木晋介、杉山ひこひこ、内田周作が脇を固めている。

■井浦新、大麻の売人に! 成田凌と共演『ニワトリ★スター』


本作は、主演の井浦さんが何の目的もないまま上京し、バーでアルバイトの傍ら大麻の売人をしている雨屋草太役を演じるほか、全身タトゥーの赤髪モヒカン色欲狂いの若者・楽人役を、「人は見た目が100パーセント」『キセキ ーあの日のソビトー』成田凌が、DVを受けるシャブ中毒のシングルマザー・月海役を、映画初出演&初ヒロインとなるモデル・紗羅マリーが扮し、全員が新境地に挑むバイオレンスラブファンタジー。

『ニワトリ★スター』(C)Gentle Underground Monkey『ニワトリ★スター』(C)Gentle Underground Monkey
東京の片隅にあるギザギザアパート。このアパートで人生の目標もなく、場末の生活を送る草太と同居人の楽人は、深夜のバーでアルバイトをしているが、秘密裏に大麻の密売も行いながら生活していた。そんな2人の周囲を、街の不良たちを陰で操るヤクザ、DVの恐怖にさらされながらも愛だけを支えに生きる未婚の母と子など、個性的な人びとが取り巻き、目標もなく中途半端な人生を送ってきた2人は、まったく予測ができない不測の事態へと巻き込まれていく――。

『ニワトリ★スター』は3月17日(土)より全国にて公開。

■“不自然な死”に立ち向かう、1話完結型の法医学ミステリー「アンナチュラル」


石原さとみ主演×脚本・野木亜紀子(「逃げるは恥だが役に立つ」)のタッグで贈る新金曜ドラマ「アンナチュラル」。本作は、日本に新設された死因究明専門のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」で働く人々の人間ドラマを中心に描き、「死」の裏側にある謎や事件を明るくスリリングに解明していく医療サスペンス作品。

「アンナチュラル」第1話-(C)TBS「アンナチュラル」第1話-(C)TBS
UDIラボで働く法医解剖医で死因究明のスペシャリスト、三澄ミコト役を石原さんが、井浦さんはミコトと同じ法医解剖医・中堂系を演じる。態度と口が悪く、ミコトとしばし衝突することも…。そのほか、窪田正孝、市川実日子、松重豊ら豪華俳優陣が参加する。

「アンナチュラル」は1月12日(金)より毎週金曜日22時~TBSにて放送(初回15分拡大)。

《cinemacafe.net》

この記事の写真

/

特集

友だち追加